2020年度派遣 ヴルカヌス・イン・ヨーロッパ プログラム
 応募にあたって

【派遣について】
  •  本プログラムは、基本的に語学研修4ヵ月間+企業研修8ヵ月間で構成された1年間の研修プログラムです。ただし、派遣国によっては、法改正などにより、語学研修及び企業研修の期間が変更になります。また派遣国によっては、研修を受けるにあたり、ビザ・滞在許可などの取得が困難になる場合は、派遣国決定後に研修企業や研修国の変更を余儀なくされる可能性もあることをご了承の上ご応募下さい。
  •  本プログラムは、EU加盟国で研修を行うことを主旨としています。そのためプログラム参加期間中は特別な事情を除き、研修以外の目的でEU圏外に出ることを認めておりません。
  • プログラム参加期間中は特別な事情を除き、遅れての参加、一時帰国や途中帰国は認めていません。
【奨学金について】
  •  奨学金は返済不要です。
  •  研修に関係のない旅行や支出などの私的費用は、奨学金に含まれないため自己負担となります。
  •  プログラム参加期間中は、原則として他の給付型奨学金との併用はできません。判明した場合には派遣取り消しとなる可能性がありますので、ご不明な点がありましたら、ご応募前にお問合せください。
  •  派遣国によっては国の法律により、一部奨学金に代わり、企業から研修生へ報酬が支払われる場合があります。
【専門分野について】
  •  本プログラムは、毎年同じ企業や部署から研修生受け入れの応募があるとは限らないため、
     派遣年度によって応募する企業の分野や、企業が学生に求める専門分野が異なります。

   以下は、過去3年間に本プログラムに応募した企業が、学生に求める専門分野としてあげたものです。
        他の専門分野を希望する企業からの応募がある可能性もあります。したがって、ここに記載の分野は
        2020年度派遣の受入れ先を保証するものではなく、あくまでも直近3年間の実績を参考までに紹介
        するものです。

          機械工学系/電子電気工学系/情報通信工学系/材料工学系/材料工学系/化学/科学/
                      物理/ライフサイエンス・バイオ系/建築(基本設計関連)
 

   2020年度派遣の応募企業の情報は、企業名・国・研修内容・学生に求めるレベルや専門分野など
        一覧にしたものを、一次審査通過者にお知らせする予定です。

【提出書類について】
  • 書類不備の連絡および提出書類の返却は致しませんので予めご了承ください。
  • 英語能力テスト: 期限までにスコアシートの提出が間に合わないことのないよう、各種試験実施日程を事前に確認し早めに受験してください。スコアシートは期限を過ぎての提出は受け付けません。
【選考・派遣スケジュールについて】
  • 選考・派遣スケジュールは状況によって変更になる可能性があります。
  • 個人の都合により日時変更に応じることはできません。
  • 二次審査の日程は、8月頃に、当センターホームページ「選考・派遣スケジュール」にてお知らせする予定です。
【個人情報の取り扱いについて】

       ご提出頂いた個人情報は適切に管理し、本事業以外の目的で利用することはありません。

    

ニュース

More
The EU-Japan Centre for Industrial Cooperation is recruiting a Coordinator for Training Programmes...

Events

More
Japan
01/10/2017
日欧産業協力センターにおける政策分析を担う特別研究員(ミネルヴァ・フェロー)を募集しています。研究員は日欧産業協力センターが指定する優先課題(主に経済・産業関係のテーマ)について調査・分析等を行い政策レポートを作成します。そのほかにも、メディアのモニタリング、政策ブリーフィング、セミナーレポートなどセンターの政策分析活動の補佐をします。
30/03/2018
ヴルカヌス・イン・ヨーロッパは、日欧産業関係の架け橋となる若手人材の育成を目的とした「企業インターンシップ」事業です。毎年20名程度の日本の理工系大学生を欧州へ派遣しています。学生の募集要項はこのホームページで随時お知らせします。

Library

More
May 2019 Japanese Industry and Policy News Topics covered in the May issue:LEGISLATION AND...
The Country-of-Origin Effect in Japan (MINERVA Fellowship) By Paul Van der Plas in the framework of the...
日EU・ニュースレター 2019年3月号 ISSUE #65 2019年3月号 https://www.eu-japan.eu/...