ヴルカヌス・イン・ヨーロッパプログラム
日本人学生対象

2021年度派遣プログラム実施にあたって

新型コロナウィルスによる渡航への影響を踏まえ、日欧産業協力センターでは、次のとおり渡航判断基準を決めております。
以下条件をすべて満たした場合に、渡航可となります。

 ・派遣が決定した受入企業が、引き続き学生の受入れが可能であること
 ・派遣国の居住権を持たない日本人の、派遣国への入国およびEU入域が可能であること
 ・外務省の渡航感染症危険情報がレベル2(不要不急の外出はやめてください)以下であること
 ・企業研修開始前に必須である滞在許可手続きを済ませた上で、最低6カ月の企業研修の実施が可能であること

派遣国やEUまた日本国内の感染状況により、また各省庁の判断によっては、予定通り4月下旬に渡欧できない可能性もあります。その場合は、プログラムを一部オンラインにて実施することも想定しています。
前年度の2020年度プログラムでは、新型コロナウィルス感染拡大による影響により、4月~7月の語学研修は日本で、現地語学学校からオンラインレッスンを受講していただきました。その後も渡欧できない状況が続いたため、やむを得ず企業研修は中止となりました。
渡欧後の企業研修は、企業によっては自宅でテレワークとなる可能性もあります。派遣生は、受入れ企業の判断や指示、就業規則に従って研修していただくこととなります。
本プログラムは国の補助金にて運営しております。給付型奨学金ですが、渡航中止となった場合は、支給済みの奨学金は経費を除き、返還していただきます。

ニュース

More
日本企業、EUを忘れるな  日欧産業協力センター  田辺靖雄    新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)を受け、内向き志向が広がっているようだ。...
日欧産業協力センターは、これまで、国際経済連携推進センターの支部として活動してきましたが、2020年7月1日をもって一般財団法人日欧産業協力センターとして独立しました。初代理事長として柵山正樹(...
この度、日欧産業協力センターの日本語公式Facebookを開設いたしました。 現在皆様に親しんでいただいております英語の各SNSに加え、今後は日本語でもビジネスマッチング等のイベント情報、...

Library

More
Report: Japanese Consumers' Behavior (by age and gender) To get the access to this report, please ...
Japanese Industry and Policy News 2020 November-December 2020 Topics coverd on the November-December 2020...
Japan's Circularity The world is currently facing two global crises,...
EU-Japan Newsletter, Issue #72 December 2020 - NEW online version!The Centre's...