2016年02月24日

気候変動に関する2015年のパリ合意について、EUと日本それぞれの政策立案者から合意へのフォローアップについての説明が行われました。産業界からは、ビジネスの観点から見た合意の評価、企業が気候変動への挑戦にどのような戦略で取り組むか等について講演がありました。

2016年02月15日

欧州で議論が活発かしている資源効率(Resource Efficiency : RE)、循環経済(Circular Economy : CE)について、EUの政策担当者をお迎えしRE/CE政策の概要や方向性について講演頂きました。また、こうした動きを踏まえた日本の対応、EUとの協力の方向性等について検討を行いました。
Japan

2016年02月10日

日EU経済連携協定(EPA)交渉の早期かつ野心的な合意に向けた支援を呼びかけ、オープンで透明性のある対話を行いました。

2015年11月19日

EUのワイン産業向け政策・支援制度や成功事例を学ぶセミナーを行いました。

2015年11月16日

毎年、日欧の学術機関等が中心となってブリュッセルで開催している「日・EUカンファレンス」。第18回目は「標準、ガバナンス、法の支配と日EU協力」をテーマに開催しました。
Belgium

2015年11月13日

日EU経済連携協定(EPA)がもたらすビジネス機会や、英国と日本の経済連携の今後の可能性について検討しました。英国企業による対日ビジネス成功事例も紹介されました。
London, UK

2015年10月06日

日本と欧州の知的財産の専門家をお迎えし、日欧における知財保護制度の変化と企業による対応の方向性について議論しました。
東京

2015年07月10日

ミラノ万博の「EUジャパン・デー(7月10日)」において、食品産業等における欧州と日本のビジネス交流の促進を目指ししたセミナーと商談会を行いました。

2015年03月09日

欧州と日本における宇宙と下流市場の産業関係の向上を目的とし、個別ビジネスミーティングを含めた第1回宇宙分野における日欧パートナリング・サポート・ミッションを開催しました。
Tokyo, Japan

2015年03月09日

「宇宙分野における日欧産業協力の模索」をテーマに、ネットワーキング・セミナーを開催しました。
Tokyo, Japan

ニュース

More
日欧産業協力センターでは日本語公式Facebookを開設しています。 現在皆様に親しんでいただいております英語の各SNSに加え、今後は日本語でもビジネスマッチング等のイベント情報、企業研修情報、...
第27回日EU定期首脳協議が開催されました。 5月27日(木曜日)午後5時頃から約1時間弱、菅義偉内閣総理大臣は、シャルル・ミシェル欧州理事会議長(H.E.Mr. Charles Michel,...
日本企業、EUを忘れるな  日欧産業協力センター  田辺靖雄    新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)を受け、内向き志向が広がっているようだ。...

Library

More
Report: Frozen Food Market in Japan (incl. Ice Cream) Expert: Maths LundinPublication date: June 2021To...
EU-Japan Newsletter, Issue #74 June 2021The Centre's newsletter is now available...
Report: Japan's Premium Food market Expert: Michael CaustonPublication date: June...
Report: Japan's Clothing and Textile Market Expert: Michael CaustonPublication date: June...

Past events

More
Webinar
28/05/2021
知的財産権と企業業績の関係は~欧州における知的財産権と企業業績の関係および日本の中小企業向け知財支援策~ 本ウエビナーでは、上記の件について、2007年から2019年までのEU加盟27ヵ国および英国の127,000企業のサンプル分析をおこなったEUIPO(欧州知財機構)およびEPO(欧州特許庁)のレポートをEUIPOエコノミストより解説いただきます。後半は、...
27/05/2021
プログラム最新版はこちら (CLICK) 水素は、2050年には世界のエネルギー需要の4分の1を満たすと予測されています。しかし、現在の水素生産の95%は化石燃料を使用しており、低炭素水素のコスト競争力はまだ低い状況です。2050年にEUと日本が掲げるカーボンニュートラルを真に達成するためには、水素は再生可能な資源から製造されなければなりません。 再生可能水素は、特に蓄電、大型輸送、...