衛星ナビゲーション·アプリケーションにEU-アジアの協力を促進する
GNSS.asiaプロジェクトは、EUの第7次研究枠組み計画の助成を受けており、EUと対象とする中国・インド・日本・韓国・台湾との衛星測位システムにおける産業協力を開拓し、実行に移すことが目的です。特に、アプリケーションや受信機といった下流市場に焦点をあてています。
プロジェクトの活動はEUとアジア地域の産業協力発展に長い経験を持つ欧州及びアジアの機関が鍵となって展開されます。両地域にとって興味のある市場領域を調査し、衛星測位システム産業を概観して欧州とアジアの機関のこの分野での産業協力を支援します。この中には特に、専門家対象のワークショップと産業界対象のセミナー(アジア諸国及びEUで開催)、現地の衛星測位システム業界や一般大衆向けにガリレオを紹介するセミナーの開催が含まれています。
30ヶ月のプロジェクトの期間中、関連のアジア諸国はGNSS.asiaに関する問合せの窓口となります。

 

GNSSに関するビジネス機会

パートナーシップオファー一覧

エンタープライズ・ヨーロッパ・ネットワーク(Enterprise Europe Network)

欧州企業向けのサービスを知りたい方はこちら(英)

ニュース

More
ヴルカヌス・イン・ヨーロッパは、日本人理工系学生対象の、語学研修4ヶ月間と企業研修8ヶ月間を組み合わせた、1年間のインターンシッププログラムです。 2019年度派遣募集にともない、募集要項・...
当センターでは、将来の日本とEUとの産業協力を担う人材を育成するため、EU企業幹部を対象に、現場研修に力点を置き、実務と講義とが有機的に関連した研修事業を行っております。 現在、...

Events

More
Japan
01/10/2017
日欧産業協力センターにおける政策分析を担う特別研究員(ミネルヴァ・フェロー)を募集しています。研究員は日欧産業協力センターが指定する優先課題(主に経済・産業関係のテーマ)について調査・分析等を行い政策レポートを作成します。そのほかにも、メディアのモニタリング、政策ブリーフィング、セミナーレポートなどセンターの政策分析活動の補佐をします。
30/03/2018
ヴルカヌス・イン・ヨーロッパは、日欧産業関係の架け橋となる若手人材の育成を目的とした「企業インターンシップ」事業です。毎年20名程度の日本の理工系大学生を欧州へ派遣しています。学生の募集要項はこのホームページで随時お知らせします。