2014年10月08日

2014年10月8日に東京で第1回日欧宇宙フォーラムが開催されました。欧州と日本の産業界、学界、ステークホルダー、欧州GNSS産業界の代表等100名を超える参加者が出席しました。以下、フォーラムのプログラムです。プログラム以下、講師によるプレゼンテーションの資料です。第一部:宇宙政策と宇宙活動促進におけるパートナーシップの重要性 日欧の研究と産業協力の紹介丹野英幸氏 「将来宇宙輸送機のための革新的熱防御法の研究開発」ジャン・シャルル・ヴィゴ氏 「水生探査:ESA,JAXAベピコロンボミッション」ファブリツィオ・ムラ氏 「GNSS.Asia:GNSS下流市場におけるEUアジア産業提携」第二部:主題のパネルラウンドテーブル パネル1 地球観測石田中氏 「JAXA Activities in Earth Observation」マルタン・ロビヤール氏 「Panel1-Earth Observation Airbus Defence & Space contribution」Horizon2020 – 次期資金提供の機会レオニダス・カラピペリス氏 「HORIZON 2020」パネル2 衛星航法アプリケーションとサービスにおける日欧産業協力クリストフ・カウツ氏 「Europe-Japan Space Forum」ライナー・ホーン氏 「EU-…

2015年01月28日

COP20(リマ)の成果に対する日欧双方の評価、COP21(パリ)への期待と2030年までの包括的な気候・エネルギー政策枠組みなどについて、日本とEUの当局から講師を向かえたセミナーを行いました。

2015年02月24日

政府、地方自治体、産業界、その他コミュニティとの対話を通じて、スマートシティ形成に関する新しいアイディアを共有し、政策概要、ビジネスビジョン、プロジェクトの成功事例を紹介しました。

2015年02月25日

Wind Expo 2015(スマートエネルギーWeek)においてEU研究イノベーション・プログラムの紹介を行い、風力を中心とした再生エネルギー分野における日本と欧州の連携の可能性を議論しました。

2015年03月09日

2015年03月11日

欧州と日本における宇宙と下流市場の産業関係の向上を目的とし、個別ビジネスミーティング含む第1回宇宙分野における日欧パートナリングサポートミッションを開催しました。このミッションは、次の4つの市場セグメントにおいて少なくとも1つの技術かノウハウ を開発している日欧の企業を対象としています。:宇宙関連部品及びシステム(打ち上げ、地上設備、宇宙部分);衛星通信(SatCom)の付加価値サービ ス;地球観測(SatEO)生データ、加工技術、応用;衛星航法(SatNav)ダウンストリーム・アプリケーション同ミッションは、欧州と日本の利害関係者間のB2Bパートナーシップの話し合いに従事 するユニークな機会であり、日本の宇宙産業に対する洞察、ネットワークセミナー、個別ビジネスミーティング、宇宙市場の専門家、ステークホルダー、日本の 宇宙関連の政府関係者とのラウンドテーブルの機会を提供します。イベントは対話型セッション立案への強いコミットメントと共に情報を共有する様々なアプ ローチを行い、パートナーシップの話し合いのスタート台となることが期待されます。 
Tokyo, Japan

2015年03月09日

ネットワーキングセミナー「宇宙分野における日欧産業協力の模索」には、欧州から13企業が参加し、各企業が成果を収めている技術、製品、ソリューショ ン、アプリケーションについて発表しました。 本セミナーは、「宇宙分野における日欧パートナリングサポートミッション」(2015年3月9日~11日、東京)のキックオフとして、日本の宇宙産業企業 とのパートナーシップを模索するための活発な議論を促すことを目的に行われました。Active Space Technologies S.A. - エネルギー貯蔵装置、ペルチェ素子、エアロゲルAmphinicy Technologies - 衛星システム用ソフトウェアCloudEO AG - クラウドベースのジオコラボレーション・プラットフォームC.L.S. S.r.l - チタンおよび合金の複合製品D-Orbit SRL - 軌道離脱とデコミッショニングのソリューションEARSC - 欧州地球観測の製品とサービスGAF AG - 地球観測生データ、加工技術と応用GMV - 地球観測と衛星通信のための地上設備Iguassu Software Systems, a.s. - 衛星航法パフォーマンス測定ツール、地球観測情報マイニングツールKayser Italia SRL -…
Tokyo, Japan

2015年07月10日

ミラノ万博の「EUジャパン・デー(7月10日)」において、食品産業等における欧州と日本のビジネス交流の促進を目指ししたセミナーと商談会を行いました。

2015年10月06日

日本と欧州の知的財産の専門家をお迎えし、日欧における知財保護制度の変化と企業による対応の方向性について議論しました。
東京

2015年11月13日

日EU経済連携協定(EPA)がもたらすビジネス機会や、英国と日本の経済連携の今後の可能性について検討しました。英国企業による対日ビジネス成功事例も紹介されました。
London, UK

2015年11月16日

毎年、日欧の学術機関等が中心となってブリュッセルで開催している「日・EUカンファレンス」。第18回目は「標準、ガバナンス、法の支配と日EU協力」をテーマに開催しました。
Belgium

EU-Japan Centre's News

More
  去る6月24日、当センターは独立行政法人 経済産業研究所(RIETI)と共催で、ウェビナー「カーボンニュートラルに向けて:日・EU産業界・制度の挑戦」を開催しました。…
弊センター専務理事・田辺靖雄による寄稿文が、U.S.-Japan Counsilのニュースレターに掲載されました U.S.-Japan Counsilは8月31日および9月1日、「…
日欧産業協力センターでは、欧州製造業における管理職を対象とした研修プログラムWCM (World Class Manufacturing)の2021年11月コース及び2022年3月コースにおける、…

Events

More
17/09/2021
当センターでは、今年7月まで経済産業審議官の要職を務められ、現在内閣府本府参与、 経済産業省顧問の田中 繁広氏をお招きし、標記ウエビナーを下記要領にて開催いたしま す。 田中氏は長年の政府・経産省勤務の中でも数多くの国際交渉、経済連携に関与されるな ど、多くの日本の課題に取り組んでこられました。欧州との関係でも、ブラッセル勤務時 代も含め、日EU・…
26/10/2021 - 27/10/2021
プログラム最新版はこちら(CLICK)  ”Think global, act local”。日本やヨーロッパでは、地域のステークホルダー(産業クラスター、自治体、地域、都道府県)が脱炭素化の最前線にいます。そして地域経済エコシステム(※)は、グリーン経済への移行を積極的に推進していくのに適した立場にあり、国内外の他の地域経済エコシステムと連携・協働し、取組み範囲を拡大しています。  …

Library

More
欧州グリーンディール EU Policy Insights Vol.5  欧州で行われている様々な政策について、EUサイドからの公式発表や、…
水素ボート船舶|CMB×常石グループ   ベルギーの大手総合海運会社CMB(Compagnie Maritime Belge)は、…
欧州グリーンディール EU Policy Insights Vol.4 欧州で行われている様々な政策について、EUサイドからの公式発表や、…
再生可能エネルギー促進機関 | 福島県 X ノルトライン=ヴェストファーレン州(ドイツ)福島県とドイツのノルトライン=ヴェストファーレン州(NRW州)は、2013年以来、…