December 13

2018

EPA Helpdesk Webinar 2: Opportunities for European SMEs in Japan's government procurement market

What additional opportunities will the EPA offer to European SMEs?

The EU-Japan Economic partnership Agreement (EPA), expected to come into force in 2019, will give European companies additional opportunities in Japan’s government or public procurement market. While European companies already have enjoyed access to Japanese government contracts under the WTO Agreement on Government Procurement (GPA), the EPA builds upon the GPA and gives European companies additional access to procurement by Japanese government entities and extra assurances to compete with Japanese companies on a level playing field.

This webinar is part of a series of webinars by the EU-Japan EPA Helpdesk. Each webinar will address a different topic or sector and will look at the changes the EU-Japan Economic Partnership Agreement will make and the opportunities it will create. Each webinar will be accompanied by a factsheet and a practical guide. For more information on the EPA Helpdesk please click here.

The webinar was targeted to European SMEs seeking to understand and benefit from the EU-Japan EPA.

Date of webinar: 13 December 2018

Topics covered:

  • Understand what the added benefits are from the EPA
  • Access information regarding procurement opportunities in Japan
  • The process of government procurement works in Japan
  • To prepare for participation in government procurement in Japan

Speakers: Lyckle Griek, Project-manager, EU-Japan Centre - Japan Tax & Public Procurement Helpdesk.

Organiser: EU-Japan Centre for Industrial Cooperation - Brussels Office

EU-Japan Centre's News

More
日・EUビジネス・ラウンドテーブル(BRT)の共同議長である柵山 正樹氏(三菱電機株式会社シニアアドバイザー)とフィリップ・ヴァール氏(ラポストグループ会長兼CEO)は、…
5月12日に開催された第28回 日EU定期首脳協議で発出された声明で、弊センターが言及されています。 当センターはこの期待に応えられるよう、一層尽力してまいります。   ■共同声明(英語): …
弊センター専務理事・田辺靖雄が、GLOBE Japan 地球環境国際議員連盟会合にて講演いたしました。 4月19日、GLOBE Japan(地球環境国際議員連盟)会合で、…

Events

More
13/07/2022
  EUにおいては、2050年のカーボンニュートラル、2030年の(1990年比)温室効果ガス排出量55%削減という野心的目標のために今後10年で少なくとも1兆ユーロの資金が必要と言われています。このために公的金融だけでなく、何が真にサステナブルな産業かを示して民間資金を誘導するためにEUタクソノミー(分類学や分類体系を意味する英単語)規則が2020年7月に施行されています。…

Library

More
欧州グリーンディール EU Policy Insights Vol.14   欧州で行われている様々な政策について、EUサイドからの公式発表や、…
バルト三国における ドイツ・中国・韓国企業の投資動向 Report on investment activities in the Baltic…
欧州デジタル政策 EU Policy Insights Vol.1   欧州で行われている様々な政策について、EUサイドからの公式発表や、…
欧州グリーンディール EU Policy Insights Vol.13   欧州で行われている様々な政策について、EUサイドからの公式発表や、…