December 13

2018

EPA Helpdesk Webinar 2: Opportunities for European SMEs in Japan's government procurement market

What additional opportunities will the EPA offer to European SMEs?

The EU-Japan Economic partnership Agreement (EPA), expected to come into force in 2019, will give European companies additional opportunities in Japan’s government or public procurement market. While European companies already have enjoyed access to Japanese government contracts under the WTO Agreement on Government Procurement (GPA), the EPA builds upon the GPA and gives European companies additional access to procurement by Japanese government entities and extra assurances to compete with Japanese companies on a level playing field.

This webinar is part of a series of webinars by the EU-Japan EPA Helpdesk. Each webinar will address a different topic or sector and will look at the changes the EU-Japan Economic Partnership Agreement will make and the opportunities it will create. Each webinar will be accompanied by a factsheet and a practical guide. For more information on the EPA Helpdesk please click here.

The webinar was targeted to European SMEs seeking to understand and benefit from the EU-Japan EPA.

Date of webinar: 13 December 2018

Topics covered:

  • Understand what the added benefits are from the EPA
  • Access information regarding procurement opportunities in Japan
  • The process of government procurement works in Japan
  • To prepare for participation in government procurement in Japan

Speakers: Lyckle Griek, Project-manager, EU-Japan Centre - Japan Tax & Public Procurement Helpdesk.

Organiser: EU-Japan Centre for Industrial Cooperation - Brussels Office

EU-Japan Centre's News

More
弊センター専務理事・田辺靖雄による寄稿文が、独立行政法人 経済産業研究所(RIETI)サイトに掲載されました 10月6日、日欧産業協力センターは「EUが目指す炭素国境調整措置(CBAM)とは」…
弊センター専務理事・田辺靖雄による寄稿文が、U.S.-Japan Councilのニュースレターに掲載されました U.S.-Japan Counsilは8月31日および9月1日、「…
弊センター専務理事・田辺靖雄による外部講演(日米財界人会議、エネルギー・インフラ分科会) 10月1日(水)日本時間午前、日米経済協議会が主催する「日米財界人会議」の分科会である「エネルギー・…

Events

More
27/01/2022
     独)経済産業研究所・一財)日本エネルギー経済研究所・一財)日欧産業協力センター  ジョイント・ウエビナー カーボンプライシングは炭素税、排出量取引制度、クレジット取引等の制度に分かれますが、脱炭素社会実現の一手段としてその活用が期待されています。ただ、企業側にとっては負担となる側面もあり産業界の捉え方は一律ではありません。 一方、国際場裏では、EUでは排出量取引制度(ETS…

Library

More
欧州グリーンディール EU Policy Insights Vol.9  欧州で行われている様々な政策について、EUサイドからの公式発表や、…
欧州グリーンディール EU Policy Insights Vol.8  欧州で行われている様々な政策について、EUサイドからの公式発表や、…
欧州グリーンディール EU Policy Insights Vol.7  欧州で行われている様々な政策について、EUサイドからの公式発表や、…
電動バス事業 | カエタノ・バス X 三井物産株式会社2017年12月、三井物産株式会社(以下三井物産)はポルトガルNO.…