Please use this application form to apply for a place on the ICT mission 2019 in Japan. You can find the latest information about the course, together with its terms and conditions, on that webpage. You can find answers to some common questions on this FAQ page. To complete your application please use Google Chrome or FirefoxYou must submit your application (and supporting documents) no later than 20 June 2019.

Only complete applications (i.e. a complete form and set of supporting documents) submitted before the application deadline will be considered by the selection board. Given the competitive nature of the process, and the limited number of places, not everyone who applies will get a place. Applicants who book flights or hotel accommodation before receiving formal confirmation from the EU-Japan Centre that they have been allocated a place on the visit do so at their own risk.

Any questions? Please contact Mrs Diane Lula by email or by phone: +32 2 282 0040.

Your progress in this application form: A green line will show you the sections of the form you have completed. We estimate that it will take c. 20 minutes for you to complete the form. Should you wish to, you can pause and save your incomplete form and complete it on a subsequent occasion (please click on the green "Save Draft" button to pause your application).

 

Do you have an EU-Japan Centre account?

To enable you to be able to start, pause and save and then return to your application to complete and submit it you need to be registered with this website.

Click here to create a new account.

If you have an existing account please enter:
Your e-mail or username
Your password
If you have forgotten your password please click here

EU-Japan Centre's News

More
弊センター専務理事・田辺靖雄が、GLOBE Japan 地球環境国際議員連盟会合にて講演いたしました。 4月19日、GLOBE Japan(地球環境国際議員連盟)会合で、…
Horizon Europeは、研究とイノベーションのためのEUの主要プログラムです。 Horizon Europeは国際協力も重視しており、日本からも参加が可能です。  …
1/27実施Webinar「ネットゼロに向けたカーボンプライシング/市場メカニズムの活用」についての記事が、3月4日付日経新聞夕刊に掲載されました 1月27日、…

Events

More
25/05/2022
   駐日EU代表部・一財)日欧産業協力センター ジョイントウエビナー グリーンディールにおいて、水素の確保が重要な要素であることは言うまでもありません。水素はあらゆる産業分野での活用が考えられますが、現時点では、水素は主に化石燃料から生成されておりCO2が排出されています。グリーン水素の生成は、化石ベースの水素と比較すると未だコスト面で競争力がないのが実情です。 一方で、…
02/06/2022
  2050 年のカーボンニュートラルの達成に向けて、蓄電池は重要なカギとなる技術であることはいうまでもありません。蓄電池は車載用のみにならず、電力の需給調整やバックアップに関わる定置用、またIT機器など小型民生用としてインフラ要素となっており、市場規模も飛躍的に拡大しつつあります。 需要拡大の一方で、生産面では、資源の確保、サプライチェーンの整備・強化・ルールの整備、…

Library

More
欧州デジタル EU Policy Insights Vol.1  欧州で行われている様々な政策について、EUサイドからの公式発表や、…
欧州グリーンディール EU Policy Insights Vol.13  欧州で行われている様々な政策について、EUサイドからの公式発表や、…
欧州グリーンディール EU Policy Insights Vol.12  欧州で行われている様々な政策について、EUサイドからの公式発表や、…
欧州グリーンディール EU Policy Insights Vol.11  欧州で行われている様々な政策について、EUサイドからの公式発表や、…