ヴルカヌス・イン・ヨーロッパプログラム
 日本人学生対象

 

応募書類についての質問

Q: 応募書類にTOEFL やTOEICのスコアを添付するよう書かれていますが、TOEIC-IP、TOEFL-ITP、のスコアでも可能でしょうか?
A: 可能です。応募締切日より2年以内に取得した英語のスコアを必ず添付してください。
Q: TOEICのスコアが応募締切日に間に合いません。締切日後に提出することは可能でしょうか?
A: 応募締切日後の英語能力スコアの提出はお受けすることができません。
TOEFLですと比較的頻繁に試験を実施していますので、TOEFLの受験をご検討ください。試験実施日やスコア取得日などの詳細はTOEFL® テスト日本事務局のホームページをご覧ください。
 
Q: 准教授による推薦状でも受け付けてくれますか?
A: 原則は担当教授による推薦状ですが、准教授など教授以外の先生の推薦状でも受け付けます。
 
Q: 大学前期分の成績表発行日が応募締め切り後の為、間に合いません。どうしたらよいでしょうか?
A: 成績表の入手が間に合わない理由と送付予定日を書いた理由書を応募書類に同封して下さい。フォーマットは自由です。
成績表を入手次第、速やかに郵送にて追加送付をお願い致します。(理由書が同封されていない場合の書類漏れは選考対象となりませんので、ご注意ください。)

 

選考についての質問

Q: 語学力はどの程度必要とされるのですか?
A: 英語に関しては、日常生活に不自由しない語学力に加えて、研修を受ける際にコミュニケーションに支障がない程度の語学力が必要です。英語以外の語学に関しては、派遣が決まってから勉強を始める方がほとんどですが、渡航前に自習しておくことをおすすめします。
 
Q: どのような企業へ派遣されるのですか?
A: 受入先企業は毎年異なります。今まで、次のような業種の企業が研修生を受け入れています。製造業(自動車、部品など)、建築、バイオテクノロジー、ファインセラミック、IT、アプリケーション開発など。企業の規模は国際的大企業から中小企業まで様々です。詳細は「過去参加者一覧リスト(2015-2017年度派遣)」をご覧ください。
 
Q: どのようにして研修企業が決まるのですか?
A: 学生の受入を希望する欧州企業は、研修が可能な部署や学生に望む資質について当センターへ提示します。これらの内容が書かれた欧州企業のリストを一次審査を通過した方々へ提供しますので、そのリストの中からご自身の専攻に合った志望企業を選んで頂きます。
その後、二次審査合格者と当センターの間で、本人の希望や大学での専攻を考慮に入れながら応募する企業の決定をします。その後、企業による審査(三次審査)を通過し、日欧産業協力センターによる認定を受けてはじめて研修先の企業が決定します。
 
Q: 企業による審査(三次審査)はどの様に行われるのですか?
A: 三次審査では学生の履歴書や志望動機書、成績書、教授の推薦状など必要書類を企業へ提出します。企業は学生の受入について検討、受入可否を決定します。企業が受入を表明すると三次審査合格となり日欧産業協力センターの認定を経て欧州への派遣が決定します。
企業の応募は全て当センターを通じて行います。
二次審査に合格して三次審査へ進んでも、企業の判断により受入が認められず(三次審査不合格)、派遣できないこともあります。

 

語学研修についての質問

Q: 語学研修ではどの言語を学ぶのでしょうか?
A: 企業研修で使用する言語です。基本的には企業研修を行う国の言語となります。
 
Q: 語学研修中の住居はどうなりますか?
A: 語学研修を受ける語学学校が斡旋するホームステイ(または寮)となります。費用は当センターが負担します。

 

企業研修についての質問

Q: 研修の内容はどのようなものですか?
A: 受入先の企業により異なります。また、本人の専攻や受入先の部署によっても異なります。過去の例を挙げると、1つのテーマを与えられて上司の指導を受けながら研究・実験をする、チームの一員として役割を担うなどがありました。
 
Q: 企業研修中の住居はどうなりますか?
A: 企業研修中の住居は参加者が自分で手配をすることになっております。費用は企業研修中(8ヶ月間)に支給される6,600ユーロから支出していただきます。住居の形態としては、アパートでの1人暮らし、ハウスシェア、大学寮、ホームステイなどがあります。

ニュース

More
2017年3月31日、日欧産業協力センター(東京都港区)と一般財団法人宇宙システム開発利用推進機構は、欧州委員会から欧州地球観測プログラム 「コペルニクス」のアジア初の相談窓口・...

イベント

More
Japan
15/09/2017
製造業に携わる欧州企業の管理職を対象に、年2回(6月、9月)に、日本の製造現場の方法論への理解を深める短期(5日間)研修コースを行っています。 TQC(全社的品質管理)、TQM(総合的品質管理)、TPM(総合生産保全)、JIT(ジャストインタイム)、TIE(総合産業工学)、そして今日では 世界共通語となった「カイゼン」実践に対する深い理解と習熟を目指します。
Japan
01/10/2017
日欧産業協力センターにおける政策分析を担う特別研究員(ミネルヴァ・フェロー)を募集しています。研究員は日欧産業協力センターが指定する優先課題(主に経済・産業関係のテーマ)について調査・分析等を行い政策レポートを作成します。そのほかにも、メディアのモニタリング、政策ブリーフィング、セミナーレポートなどセンターの政策分析活動の補佐をします。

出版物・レポート

More
Brief Japan Industrial Reports ADDITIONAL REPORTS AVAILABLE on www....
October 2017 Japanese Industry and Policy News Topics covered in the October issue: LEGISLATION...
September 2017 Japanese Industry and Policy News Topics covered in the September issue:...
EU-Japan Newsletter, Issue #59 October 2017. The Centre is pleased to...