イノベーション・科学技術協力の促進をめざした事業

 

  • ホライズン2020 ナショナル・コンタクト・ポイント ‐ NCP Japan: ホライズン2020は全欧州規模で実施される、最大規模の研究及び革新的開発を促進するためのフレームワークプログラムです。日欧産業協力センターは日本政府よりホライズン2020の「ナショナル・コンタクト・ポイント」に認定され、日本からの参加支援などを行っています。

        詳細 http://www.ncp-japan.jp/

  • ジュピスト・プロジェクト ‐ JEUPISTE Project: イノベーション・科学・技術における日欧連携の強化を目的とした情報提供サービスを中心としたプロジェクトです(2006年夏に終了)。

        詳細 http://jeupiste.eu/ja

  • エンタープライズ・ヨーロッパ・ネットワークを通じた技術移転支援: エンタープライズ・ヨーロッパ・ネットワーク(EEN) は、中小企業の国際化や国境を越えたビジネスパートナー探しの支援を目的としたEUの中小企業支援サービスです。 

        詳細 http://www.een-japan.eu/ja/content/network-database

  • 日欧技術移転ヘルプデスク ‐ EU-JaPAN TEchnology Transfer Helpdesk:日本と欧州の大学、研究機関、企業や研究者に向けて、日欧間の技術移転に役立つ情報を発信しています。

   詳細 http://www.eu-jp-tthelpdesk.eu/

  • GNSS.Asia: ダウンストリームGNSSアプリケーションにおける日欧産業協力を促進することを目的としたプロジェクトです。

        詳細 http://www.gnss.asia

  • SPACE.Japan宇宙関連産業における日欧ビジネスや技術連携をサポートすることを目的とたプロジェクトです。

      

ニュース

More
2017年3月31日、日欧産業協力センター(東京都港区)と一般財団法人宇宙システム開発利用推進機構は、欧州委員会から欧州地球観測プログラム 「コペルニクス」のアジア初の相談窓口・...

イベント

More
Japan
15/09/2017
製造業に携わる欧州企業の管理職を対象に、年2回(6月、9月)に、日本の製造現場の方法論への理解を深める短期(5日間)研修コースを行っています。 TQC(全社的品質管理)、TQM(総合的品質管理)、TPM(総合生産保全)、JIT(ジャストインタイム)、TIE(総合産業工学)、そして今日では 世界共通語となった「カイゼン」実践に対する深い理解と習熟を目指します。
Japan
01/10/2017
日欧産業協力センターにおける政策分析を担う特別研究員(ミネルヴァ・フェロー)を募集しています。研究員は日欧産業協力センターが指定する優先課題(主に経済・産業関係のテーマ)について調査・分析等を行い政策レポートを作成します。そのほかにも、メディアのモニタリング、政策ブリーフィング、セミナーレポートなどセンターの政策分析活動の補佐をします。

出版物・レポート

More
Brief Japan Industrial Reports ADDITIONAL REPORTS AVAILABLE on www....
September 2017 Japanese Industry and Policy News Topics covered in the September issue:...
EU-Japan Newsletter, Issue #59 October 2017. The Centre is pleased to...