Japanese Industry and Policy News May 2018 Issue Available Now

The EU-Japan Centre in Tokyo is regularly publishing "Industry and Policy News" from various Japanese language sources of potential interest, including newly released policy documents, surveys, and official statements, in the context of EU-Japan industrial cooperation and is pleased to announce the May 2018 issue.

Topics covered in the May issue:

LEGISLATION AND POLICY NEWS
・Study Group for Enhanced Human Resource Bases in the Space Industry Compiled a Report
・Business Matching Platform for Space Industry Launched
・METI-MIC Joint Team Continues Discussion on IoT
・METI Establishes Study Group for Digital Transformation
・Series of Round Table Conferences on Connected Industries Organized
・Keidanren Calls for the Creation of "Ministry of Digital Economy"
・Robot Performance Evaluation Manuals Compiled
・"Declaration of Design Management" Compiled
・The Corporate Governance System Study Group Compiled an Interim Report
・Business Conference Plans of 4 Regions Selected for Promoting Inward Direct Investment

SURVEY AND BUSINESS DATA
・Report on Shopping Receipt Potential Published

COMPANY NEWS
・Monitoring Coral Reefs by Surface Floating Drone
・Hitachi and Toray Implement the Demonstration Project for an Energy Saving Seawater RO System in Saudi Arabia
・Trial Production of "Green" Hydrogen Started in Soma, Fukushima
・Toshiba to Start Demonstration Project with Iwatani to Establish Low-Carbon Hydrogen Supply Chain in Hokkaido
・Johnan Shinkin Becomes the First Japanese Financial Institution to Join RE100

ADDITIONAL TOPICS
・MFA Targets at 100% Renewable Energy
・Special Ship for Effectively Installing Offshore Wind Power Generation Device Made Public
・4 Prefectures Participate in the Global EV Pilot City Programme
・Solar Power Reached 80% of Electricity Demand in Shikoku
・Japan and Germany to Advance Cooperation in Industrial Cybersecurity

EU-Japan Centre's News

More
弊センター専務理事・田辺靖雄による外部講演(日米財界人会議、エネルギー・インフラ分科会) 10月1日(水)日本時間午前、日米経済協議会が主催する「日米財界人会議」の分科会である「エネルギー・…
弊センター専務理事・田辺靖雄による寄稿文が、独立行政法人 経済産業研究所(RIETI)サイトに掲載されました 10月6日、日欧産業協力センターは「EUが目指す炭素国境調整措置(CBAM)とは」…
弊センター専務理事・田辺靖雄による寄稿文が、U.S.-Japan Councilのニュースレターに掲載されました U.S.-Japan Counsilは8月31日および9月1日、「…

Events

More
27/01/2022
     独)経済産業研究所・一財)日本エネルギー経済研究所・一財)日欧産業協力センター  ジョイント・ウエビナー カーボンプライシングは炭素税、排出量取引制度、クレジット取引等の制度に分かれますが、脱炭素社会実現の一手段としてその活用が期待されています。ただ、企業側にとっては負担となる側面もあり産業界の捉え方は一律ではありません。 一方、国際場裏では、EUでは排出量取引制度(ETS…

Library

More
欧州グリーンディール EU Policy Insights Vol.9  欧州で行われている様々な政策について、EUサイドからの公式発表や、…
欧州グリーンディール EU Policy Insights Vol.8  欧州で行われている様々な政策について、EUサイドからの公式発表や、…
欧州グリーンディール EU Policy Insights Vol.7  欧州で行われている様々な政策について、EUサイドからの公式発表や、…
電動バス事業 | カエタノ・バス X 三井物産株式会社2017年12月、三井物産株式会社(以下三井物産)はポルトガルNO.…