日欧産業協力センターでは、EUの政策について日本の産業界の視点に沿う解説・分析レ ポートを発行しております。 現在、欧州グリーンディール およびデジタル政策をカバー しています。 EUを理解し、EUとの交流やビジネスをする上でのお役に立てていただければと考えております。
Report on investment activities in the Baltic Region by German, Chinese and South Korean companies. This report includes statistical analysis, information on bilateral cooperation and national investment promotion and 5 detailed case studies. Two versions of the report are available:
日欧産業協力センターでは、EUの政策について日本の産業界の視点に沿う解説・分析レ ポートを発行しております。 現在、欧州グリーンディール およびデジタル政策をカバー しています。 EUを理解し、EUとの交流やビジネスをする上でのお役に立てていただければと考えております。
日欧産業協力センターでは、日本人研究員による日本語での欧州政策レポートを月1回発行しております。 「欧州政策について日本人や日本の産業界の視点で解説・分析をしたレポート」を、EUを理解し、EUとの交流やビジネスをする上でのお役に立てていただければと考えております。
日欧産業協力センターでは、日本人研究員による日本語での欧州政策レポートを月1回発行しております。 「欧州政策について日本人や日本の産業界の視点で解説・分析をしたレポート」を、EUを理解し、EUとの交流やビジネスをする上でのお役に立てていただければと考えております。
日欧産業協力センターでは、日本人研究員による日本語での欧州政策レポートを月1回発行しております。 「欧州政策について日本人や日本の産業界の視点で解説・分析をしたレポート」を、EUを理解し、EUとの交流やビジネスをする上でのお役に立てていただければと考えております。
日欧産業協力センターでは、日本人研究員による日本語での欧州政策レポートを月1回発行しております。 「欧州政策について日本人や日本の産業界の視点で解説・分析をしたレポート」を、EUを理解し、EUとの交流やビジネスをする上でのお役に立てていただければと考えております。
日欧産業協力センターでは、日本人研究員による日本語での欧州政策レポートを月1回発行しております。 「欧州政策について日本人や日本の産業界の視点で解説・分析をしたレポート」を、EUを理解し、EUとの交流やビジネスをする上でのお役に立てていただければと考えております。
日欧産業協力センターでは、日本人研究員による日本語での欧州政策レポートを月1回発行しております。 「欧州政策について日本人や日本の産業界の視点で解説・分析をしたレポート」を、EUを理解し、EUとの交流やビジネスをする上でのお役に立てていただければと考えております。
日欧産業協力センターでは、日本人研究員による日本語での欧州政策レポートを月1回発行しております。 「欧州政策について日本人や日本の産業界の視点で解説・分析をしたレポート」を、EUを理解し、EUとの交流やビジネスをする上でのお役に立てていただければと考えております。

EU-Japan Centre's News

More
日・EUビジネス・ラウンドテーブル(BRT)の共同議長である柵山 正樹氏(三菱電機株式会社シニアアドバイザー)とフィリップ・ヴァール氏(ラポストグループ会長兼CEO)は、…
5月12日に開催された第28回 日EU定期首脳協議で発出された声明で、弊センターが言及されています。 当センターはこの期待に応えられるよう、一層尽力してまいります。   ■共同声明(英語): …
弊センター専務理事・田辺靖雄が、GLOBE Japan 地球環境国際議員連盟会合にて講演いたしました。 4月19日、GLOBE Japan(地球環境国際議員連盟)会合で、…

Speakers & Authors

More
Rie Arai
Researcher, Environment & Energy Research Division
Ken ASH
Director of Trade & Agriculture, OECD
Petr Bares
Managing Director

Events

More
13/07/2022
  EUにおいては、2050年のカーボンニュートラル、2030年の(1990年比)温室効果ガス排出量55%削減という野心的目標のために今後10年で少なくとも1兆ユーロの資金が必要と言われています。このために公的金融だけでなく、何が真にサステナブルな産業かを示して民間資金を誘導するためにEUタクソノミー(分類学や分類体系を意味する英単語)規則が2020年7月に施行されています。…