日欧産業協力センターでは、日本人研究員による日本語での欧州政策レポートを月1回発行しております。 「欧州政策について日本人や日本の産業界の視点で解説・分析をしたレポート」を、EUを理解し、EUとの交流やビジネスをする上でのお役に立てていただければと考えております。
日欧産業協力センターでは、日本人研究員による日本語での欧州政策レポートを月1回発行しております。 「欧州政策について日本人や日本の産業界の視点で解説・分析をしたレポート」を、EUを理解し、EUとの交流やビジネスをする上でのお役に立てていただければと考えております。
ベルギーの大手総合海運会社CMB(Compagnie Maritime Belge)は、日本の海運・造船会社の常石グループと、2019年より様々な共同事業を立ち上げています。両社は日本市場に向けた水素燃料船舶を共に開発しており、世界初の80人乗りの水素燃料フェリーに続き、2021年には更なるプロジェクトを展開する上で合弁会社を設立すると発表しました。
日欧産業協力センターでは、日本人研究員による日本語での欧州政策レポートを月1回発行しております。 「欧州政策について日本人や日本の産業界の視点で解説・分析をしたレポート」を、EUを理解し、EUとの交流やビジネスをする上でのお役に立てていただければと考えております。
福島県とドイツのノルトライン=ヴェストファーレン州(NRW州)は、2013年以来、再生可能エネルギーやエネルギーの効率利用など、地域のエネルギー移行に関するベストプラクティスを共有しています。2017年には、さらに協力関係を深め、専門家、地元企業、クラスター、研究機関を含めた産業的側面を強化するために、双方のエネルギー機関により連携覚書が締結され、企業間のマッチング支援、二国間のワーキンググループ、展示会への出展等を行っています。
日欧産業協力センターでは、日本人研究員による日本語での欧州政策レポートを月1回発行しております。 「欧州政策について日本人や日本の産業界の視点で解説・分析をしたレポート」を、EUを理解し、EUとの交流やビジネスをする上でのお役に立てていただければと考えております。
日欧産業協力センターでは、日本人研究員による日本語での欧州政策レポートを月1回発行しております。 「欧州政策について日本人や日本の産業界の視点で解説・分析をしたレポート」を、EUを理解し、EUとの交流やビジネスをする上でのお役に立てていただければと考えております。
日欧産業協力センターでは、日本人研究員による日本語での欧州政策レポートを月1回発行しております。 「欧州政策について日本人や日本の産業界の視点で解説・分析をしたレポート」を、EUを理解し、EUとの交流やビジネスをする上でのお役に立てていただければと考えております。
フランスの水素タクシー会社「Hype」、工業用ガス供給会社「Air Liquide」、エネルギー供給会社「Idex」の3社は、2019年にトヨタ自動車と共同で、モビリティの状況に変化をもたらすことを目的とした合弁会社「HysetCo」を設立しました。彼らは共に、世界最多の水素タクシーをパリに配備する予定です。
福島の原子力事故から2年後の2013年に設立された日本の再生可能エネルギー開発・供給企業である自然電力株式会社は、1996年に風力および太陽光発電所の建設を開始したドイツのリーダーであるjuwiとの合弁企業を設立しました。日本国内では70の再生可能エネルギー計画があり、そのモデルを日本の地理的条件と現地市場の進化に適応させて、ますます野心的なプロジェクトに取り組んでいます。

EU-Japan Centre's News

More
弊センター専務理事・田辺靖雄による外部講演(日米財界人会議、エネルギー・インフラ分科会) 10月1日(水)日本時間午前、日米経済協議会が主催する「日米財界人会議」の分科会である「エネルギー・…
  去る6月24日、当センターは独立行政法人 経済産業研究所(RIETI)と共催で、ウェビナー「カーボンニュートラルに向けて:日・EU産業界・制度の挑戦」を開催しました。…
弊センター専務理事・田辺靖雄による寄稿文が、U.S.-Japan Counsilのニュースレターに掲載されました U.S.-Japan Counsilは8月31日および9月1日、「…

Speakers & Authors

More
Rie Arai
Researcher, Environment & Energy Research Division
Ken ASH
Director of Trade & Agriculture, OECD
Petr Bares
Managing Director

Events

More
26/10/2021 - 27/10/2021
プログラム最新版はこちら(CLICK)  ”Think global, act local”。日本やヨーロッパでは、地域のステークホルダー(産業クラスター、自治体、地域、都道府県)が脱炭素化の最前線にいます。そして地域経済エコシステム(※)は、グリーン経済への移行を積極的に推進していくのに適した立場にあり、国内外の他の地域経済エコシステムと連携・協働し、取組み範囲を拡大しています。  …