November 18

2019

November 22

2019

欧州企業向け人材研修:ワールドクラス・マニュファクチャリングへの挑戦 

欧州製造業管理職を対象とした短期研修コース
"Challenge towards World Class Manufacturing (WCM) ~世界に誇る日本の製造現場~"

WCMとは

製造業に携わる欧州企業の幹部管理職を対象に、日本における製造現場の方法論について深く分析する、5日間の研修コースです。 TQC(全社的品質管理)、TQM(総合的品質管理)、TPM(総合生産保全)、JIT(ジャストインタイム)、TIE(総合産業工学)、そして今日では 世界共通語となった「カイゼン」実践に対する深い理解と習熟を目指します。 本研修は講義、2日間のワークショップ、企業訪問で構成され、参加者は業界を リードする日本の工場にて、まさに「ゲンバ」の生の声に触れ、学ぶ機会に恵まれます。

1.

研修規模

約1週間の研修を年2回、各回約25名の欧州ビジネスパーソンを対象に実施しています。

2.

研修実績

1997年から2019年度までに44回実施。

3. 研修内容
  • 講義―TPM/TPS, LEAN、からくり改善などについての講義
  • ワークショップ―模擬工場にて、現場習熟者の指導のもと、リードタイム、無理、無駄の減らし方を話し合い、実際のライン改善を行う。
  • 事例研究―日本企業訪問(3社から4社)。製造業における生産管理、品質管理、人事管理を実際に見学。現場責任者による説明後、質疑応答、ディスカッションも行う。

 

参加者向けのプログラム詳細については、こちらのページ(英文)をご参照ください。

Japan

ニュース

More
弊センターでは、EUの起業家とEU企業エグゼクティブを対象に、現場研修に力点を置き、実務と講義とが関連した研修事業を年間1回、約2週間にわたり行います。研修期間中には、...
当センターでは、将来の日欧ビジネス関係を担う人材の育成を図るため、欧州の理工系大学生を対象とした4ヶ月間の日本語研修と8ヶ月間の企業実習を行うインターンシッププログラムを実施いたします。 この度、...
日欧産業協力センターでは、欧州製造業における管理職を対象とした研修プログラムWCM (World Class Manufacturing)の2020年6月コース及び2020年11月コースにおける、...

Library

More
December 2019 Japanese Industry and Policy News Topics covered in the December issue:LEGISLATION...
November 2019 Japanese Industry and Policy News Topics covered in the November issue:LEGISLATION...
EU-Japan Newsletter, Issue #68 December 2019The Centre is pleased to present to...