Advanced Therapy Showcase in Tokyo #1 (ATST#1)

The ATST#1 features plenary sessions with keynotes delivered by global key opinion leaders and business presentation sessions whose podium is open for partner seeking companies as live-streaming program of the day. Virtual exhibition spaces are set up for on-demand business pitches. All registrants are entitled to take advantage of the 1-on-1 business partnering meeting arrangement until 17, February 2021.

LINK-J is currently recruiting participants; i.e., on-demand business pitch exhibitors and general audiences.
Any partner seeking entities or individuals engaged in the field of advanced therapy including cell & gene therapy, regenerative medicine, etc., are encouraged to participate in the event to find suitable partner candidates for their business development.
At the same time, business seed searching entities, namely established corporations, investors, etc. are also encouraged to join the event to expand their business portfolio.
The official language of the ATST#1 is English.

Date, venue and Registration:
Presentations: 21 January 2021 JST (All Day)
1-on-1 business partnering meeting can be arranged from the event date until 17 February 2021 JST
Virtual (Tokyo, Japan as hub)

EU-Japan Centre's News

More
弊センター専務理事・田辺靖雄による外部講演(日米財界人会議、エネルギー・インフラ分科会) 10月1日(水)日本時間午前、日米経済協議会が主催する「日米財界人会議」の分科会である「エネルギー・…
弊センター専務理事・田辺靖雄による寄稿文が、独立行政法人 経済産業研究所(RIETI)サイトに掲載されました 10月6日、日欧産業協力センターは「EUが目指す炭素国境調整措置(CBAM)とは」…
弊センター専務理事・田辺靖雄による寄稿文が、U.S.-Japan Councilのニュースレターに掲載されました U.S.-Japan Counsilは8月31日および9月1日、「…

Events

More
27/01/2022
     独)経済産業研究所・一財)日本エネルギー経済研究所・一財)日欧産業協力センター  ジョイント・ウエビナー カーボンプライシングは炭素税、排出量取引制度、クレジット取引等の制度に分かれますが、脱炭素社会実現の一手段としてその活用が期待されています。ただ、企業側にとっては負担となる側面もあり産業界の捉え方は一律ではありません。 一方、国際場裏では、EUでは排出量取引制度(ETS…

Library

More
欧州グリーンディール EU Policy Insights Vol.9  欧州で行われている様々な政策について、EUサイドからの公式発表や、…
欧州グリーンディール EU Policy Insights Vol.8  欧州で行われている様々な政策について、EUサイドからの公式発表や、…
欧州グリーンディール EU Policy Insights Vol.7  欧州で行われている様々な政策について、EUサイドからの公式発表や、…
電動バス事業 | カエタノ・バス X 三井物産株式会社2017年12月、三井物産株式会社(以下三井物産)はポルトガルNO.…