MINERVA日欧マーケット&ポリシー情報サービス 

日欧産業協力センターでは、日欧の経済及び産業問題に関する研究・政策分析をサポートして頂ける方を対象に、6ヶ月間の特別研究員を募集致します。

研究員はセンターが指定する優先課題について調査・分析等を行い、70~100ページ程度の政策レポートを英語で作成します。レポートはセンターの著作物とみなされます。

また、研究員は、事前に決められた課題の他に、メディアのモニタリング、政策ブリーフィング、セミナーレポートなどセンターの政策分析活動の補佐をします。

"MINERVA"日欧特別研究院制度は欧州委員会による補助金100%で行われています。

申請対象者:
特別研究員としましては、貿易/市場アクセス、産業政策、研究開発など様々な観点から日本及び日欧協力に関心を持ちEU加盟国もしくは日本国籍を持つ専門家(貿易・経済アナリスト、学者、科学者、公務員からの出向等)を対象としています。

最低必要条件:
EU加盟国もしくは日本国籍、学士号取得、日本および日欧関係に強い関心を持っている者

申請手続き:
応募書類には、どの期間に応募されるのかを明記の上、提出して下さい。
提出書類: 履歴書、志望動機書、研究課題及び研究計画(A4用紙1-2ページ)

選考手続き:
書面にて第一次審査を行います。第一次審査を合格された候補者へ、第二次審査面接の連絡をします。面接は電話、スカイプもしくは直接お会いして行われます。

実用面:
各研究員に対し、毎月2,500ユーロを奨学金として支給致します(日本円で支給)。 奨学金をもとに、特別研究員は東京での基本的な生活費や滞在費をまかないます。日本国外から選ばれた研究員は最大1000ユーロの渡航費の補助金を受給できます。

 

詳しい情報はこちらをご覧ください(英語のみ)

EU-Japan Centre's News

More
弊センター専務理事・田辺靖雄による寄稿文が、独立行政法人 経済産業研究所(RIETI)サイトに掲載されました 10月6日、日欧産業協力センターは「EUが目指す炭素国境調整措置(CBAM)とは」…
弊センター専務理事・田辺靖雄による寄稿文が、U.S.-Japan Councilのニュースレターに掲載されました U.S.-Japan Counsilは8月31日および9月1日、「…
弊センター専務理事・田辺靖雄による外部講演(日米財界人会議、エネルギー・インフラ分科会) 10月1日(水)日本時間午前、日米経済協議会が主催する「日米財界人会議」の分科会である「エネルギー・…

Events

More
27/01/2022
     独)経済産業研究所・一財)日本エネルギー経済研究所・一財)日欧産業協力センター  ジョイント・ウエビナー カーボンプライシングは炭素税、排出量取引制度、クレジット取引等の制度に分かれますが、脱炭素社会実現の一手段としてその活用が期待されています。ただ、企業側にとっては負担となる側面もあり産業界の捉え方は一律ではありません。 一方、国際場裏では、EUでは排出量取引制度(ETS…

Library

More
欧州グリーンディール EU Policy Insights Vol.9  欧州で行われている様々な政策について、EUサイドからの公式発表や、…
欧州グリーンディール EU Policy Insights Vol.8  欧州で行われている様々な政策について、EUサイドからの公式発表や、…
欧州グリーンディール EU Policy Insights Vol.7  欧州で行われている様々な政策について、EUサイドからの公式発表や、…
電動バス事業 | カエタノ・バス X 三井物産株式会社2017年12月、三井物産株式会社(以下三井物産)はポルトガルNO.…