MINERVA日欧マーケット&ポリシー情報サービス 

日欧産業協力センターでは、日欧の経済及び産業問題に関する研究・政策分析をサポートして頂ける方を対象に、6ヶ月間の特別研究員を募集致します。

研究員はセンターが指定する優先課題について調査・分析等を行い、70~100ページ程度の政策レポートを英語で作成します。レポートはセンターの著作物とみなされます。

また、研究員は、事前に決められた課題の他に、メディアのモニタリング、政策ブリーフィング、セミナーレポートなどセンターの政策分析活動の補佐をします。

"MINERVA"日欧特別研究院制度は欧州委員会による補助金100%で行われています。

申請対象者:
特別研究員としましては、貿易/市場アクセス、産業政策、研究開発など様々な観点から日本及び日欧協力に関心を持ちEU加盟国もしくは日本国籍を持つ専門家(貿易・経済アナリスト、学者、科学者、公務員からの出向等)を対象としています。

最低必要条件:
EU加盟国もしくは日本国籍、学士号取得、日本および日欧関係に強い関心を持っている者

申請手続き:
応募書類には、どの期間に応募されるのかを明記の上、提出して下さい。
提出書類: 履歴書、志望動機書、研究課題及び研究計画(A4用紙1-2ページ)

選考手続き:
書面にて第一次審査を行います。第一次審査を合格された候補者へ、第二次審査面接の連絡をします。面接は電話、スカイプもしくは直接お会いして行われます。

実用面:
各研究員に対し、毎月2,500ユーロを奨学金として支給致します(日本円で支給)。 奨学金をもとに、特別研究員は東京での基本的な生活費や滞在費をまかないます。日本国外から選ばれた研究員は最大1000ユーロの渡航費の補助金を受給できます。

 

詳しい情報はこちらをご覧ください(英語のみ)

EU-Japan Centre's News

More
弊センター専務理事・田辺靖雄による寄稿文が、U.S.-Japan Counsilのニュースレターに掲載されました U.S.-Japan Counsilは8月31日および9月1日、「…
弊センター専務理事・田辺靖雄による外部講演(日米財界人会議、エネルギー・インフラ分科会) 10月1日(水)日本時間午前、日米経済協議会が主催する「日米財界人会議」の分科会である「エネルギー・…
  去る6月24日、当センターは独立行政法人 経済産業研究所(RIETI)と共催で、ウェビナー「カーボンニュートラルに向けて:日・EU産業界・制度の挑戦」を開催しました。…

Events

More
26/10/2021 - 27/10/2021
プログラム最新版はこちら(CLICK)  ”Think global, act local”。日本やヨーロッパでは、地域のステークホルダー(産業クラスター、自治体、地域、都道府県)が脱炭素化の最前線にいます。そして地域経済エコシステム(※)は、グリーン経済への移行を積極的に推進していくのに適した立場にあり、国内外の他の地域経済エコシステムと連携・協働し、取組み範囲を拡大しています。  …

Library

More
欧州グリーンディール EU Policy Insights Vol.6  欧州で行われている様々な政策について、EUサイドからの公式発表や、…
欧州グリーンディール EU Policy Insights Vol.5  欧州で行われている様々な政策について、EUサイドからの公式発表や、…
水素ボート船舶|CMB×常石グループ   ベルギーの大手総合海運会社CMB(Compagnie Maritime Belge)は、…
欧州グリーンディール EU Policy Insights Vol.4 欧州で行われている様々な政策について、EUサイドからの公式発表や、…