MINERVA日欧マーケット&ポリシー情報サービス 

日欧産業協力センターでは、日欧の経済及び産業問題に関する研究・政策分析をサポートして頂ける方を対象に、6ヶ月間の特別研究員を募集致します。

研究員はセンターが指定する優先課題について調査・分析等を行い、70~100ページ程度の政策レポートを英語で作成します。レポートはセンターの著作物とみなされます。

また、研究員は、事前に決められた課題の他に、メディアのモニタリング、政策ブリーフィング、セミナーレポートなどセンターの政策分析活動の補佐をします。

"MINERVA"日欧特別研究院制度は欧州委員会による補助金100%で行われています。

申請対象者:
特別研究員としましては、貿易/市場アクセス、産業政策、研究開発など様々な観点から日本及び日欧協力に関心を持ちEU加盟国もしくは日本国籍を持つ専門家(貿易・経済アナリスト、学者、科学者、公務員からの出向等)を対象としています。

最低必要条件:
EU加盟国もしくは日本国籍、学士号取得、日本および日欧関係に強い関心を持っている者

申請手続き:
応募書類には、どの期間に応募されるのかを明記の上、提出して下さい。
提出書類: 履歴書、志望動機書、研究課題及び研究計画(A4用紙1-2ページ)

選考手続き:
書面にて第一次審査を行います。第一次審査を合格された候補者へ、第二次審査面接の連絡をします。面接は電話、スカイプもしくは直接お会いして行われます。

実用面:
各研究員に対し、毎月2,500ユーロを奨学金として支給致します(日本円で支給)。 奨学金をもとに、特別研究員は東京での基本的な生活費や滞在費をまかないます。日本国外から選ばれた研究員は最大1000ユーロの渡航費の補助金を受給できます。

詳しい情報はこちらをご覧ください(英語のみ)

ニュース

More
日本企業、EUを忘れるな  日欧産業協力センター  田辺靖雄    新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)を受け、内向き志向が広がっているようだ。...
日欧産業協力センターは、これまで、国際経済連携推進センターの支部として活動してきましたが、2020年7月1日をもって一般財団法人日欧産業協力センターとして独立しました。初代理事長として柵山正樹(...
弊センターでは、EUの起業家とEU企業エグゼクティブを対象に、現場研修に力点を置き、実務と講義とが関連した研修事業を年間1回、約2週間行います。研修期間中には、...

Events

More
Webinar
22/04/2021
     ~日本のデジタル、グリーン、レジリエンスはどうなるのか~ 当センターでは、昨年7月までJETRO・JMCブラッセル事務所長を務められ、現在は経済産業省大臣官房総務課長の要職に就かれている井上 博雄様をお迎えし、標記ウエビナーを下記要領にて開催することになりました。詳細は左側のApplyをご参照のうえ、ZOOM登録リンクからご参加ください。 1.日時:2021年4月22日(木)16:00...
26/04/2021
再生可能エネルギーの大規模展開は、日EUが2050年までに実現を目指している「気候中立」に向けて鍵となる活動です。欧州委員会は、2050年までにヨーロッパの電力需要の30%が洋上風力発電で賄われる可能性があると推定しており、また日本政府は洋上風力発電を新しいグリーン成長戦略の柱に据えるなど、洋上風力発電は、...

Library

More
Japanese Industry and Policy News February-March 2021 JAPANESE INDUSTRY AND POLICY NEWSFebruary-March,...
Report: Export & Import EU-Japan Trade data 2020 Expert : EU-Japan Centre staffPublication date:...
日本における太陽光発電所開発 | Juwi × 自然電力株式会社 福島の原子力事故から2年後の2013年に設立された日本の再生可能エネルギー開発・...
Solar energy development in Japan | Juwi X Shizen Energy In 2013, two years after the nuclear accident of...