弊センター専務理事・田辺靖雄による外部講演(日米財界人会議)

弊センター専務理事・田辺靖雄による外部講演(日米財界人会議、エネルギー・インフラ分科会)

10月1日(水)日本時間午前、日米経済協議会が主催する「日米財界人会議」の分科会である「エネルギー・インフラ分科会」の会合が開かれ、弊センター専務理事の田辺がゲストスピーカーとして登壇いたしました。

"Deepening energy cooperation between the U.S., Japan and Europe at COP26 and beyond"をテーマにした本会議にて、田辺からは"European Green Deal toward Carbon Neutrality by 2050"及び"Japan's Energy Transition toward Carbon Neutrality by 2050"のタイトルでの講演の他、米国の戦略国際問題研究所(CSIS)のシニアフェローでエネルギー安全保障および気候変動プログラムの専門家であるジェーン・ナカノ氏とのパネルディスカッションでは、日米欧のエネルギー・気候変動対策の協力の方向性について闊達な議論を展開しました。

【当日の資料】(英語)

Japanese-Energy-Transition-toward-Carbon-Neutrality-by-2050.pdf

European-Green-Deal-toward-Carbon-Neutrality-by-2050.pdf

 

近年エネルギー・気候変動問題についての日米欧の協力の機運が高まっており、今回は日米財界人会議の場でEUの視点をインプットしました。11月に予定されている日EUビジネスラウンドテーブル年次会合では全米商工会議所の代表から米国の視点がインプットされる予定です。

 

EU-Japan Centre's News

More
弊センター専務理事・田辺靖雄が、GLOBE Japan 地球環境国際議員連盟会合にて講演いたしました。 4月19日、GLOBE Japan(地球環境国際議員連盟)会合で、…
Horizon Europeは、研究とイノベーションのためのEUの主要プログラムです。 Horizon Europeは国際協力も重視しており、日本からも参加が可能です。  …
1/27実施Webinar「ネットゼロに向けたカーボンプライシング/市場メカニズムの活用」についての記事が、3月4日付日経新聞夕刊に掲載されました 1月27日、…

Events

More
25/05/2022
   駐日EU代表部・一財)日欧産業協力センター ジョイントウエビナー グリーンディールにおいて、水素の確保が重要な要素であることは言うまでもありません。水素はあらゆる産業分野での活用が考えられますが、現時点では、水素は主に化石燃料から生成されておりCO2が排出されています。グリーン水素の生成は、化石ベースの水素と比較すると未だコスト面で競争力がないのが実情です。 一方で、…
02/06/2022
  2050 年のカーボンニュートラルの達成に向けて、蓄電池は重要なカギとなる技術であることはいうまでもありません。蓄電池は車載用のみにならず、電力の需給調整やバックアップに関わる定置用、またIT機器など小型民生用としてインフラ要素となっており、市場規模も飛躍的に拡大しつつあります。 需要拡大の一方で、生産面では、資源の確保、サプライチェーンの整備・強化・ルールの整備、…

Library

More
欧州デジタル EU Policy Insights Vol.1  欧州で行われている様々な政策について、EUサイドからの公式発表や、…
欧州グリーンディール EU Policy Insights Vol.13  欧州で行われている様々な政策について、EUサイドからの公式発表や、…
欧州グリーンディール EU Policy Insights Vol.12  欧州で行われている様々な政策について、EUサイドからの公式発表や、…
欧州グリーンディール EU Policy Insights Vol.11  欧州で行われている様々な政策について、EUサイドからの公式発表や、…