弊センター専務理事・田辺靖雄による寄稿文掲載(RIETIサイト)

弊センター専務理事・田辺靖雄による寄稿文が、独立行政法人 経済産業研究所(RIETI)サイトに掲載されました

10月6日、日欧産業協力センターは「EUが目指す炭素国境調整措置(CBAM)とは」と題するwebinarを開催いたしました。本webinarは、6月24日にRIETIと弊センターの共催で行われた「カーボン・ニュートラルに向けて: 日EU産業界・制度論の挑戦」と題するwebinarにおいて紹介されたCBAMに関して多くの関係者から強い関心が示されたため、7月14日に欧州委員会から正式提案がなされたのを受けて企画されました。メインスピーカーとして欧州委員会税・関税総局のVicente Hurtado Roa 間接税(VAT以外)課長をお招きし、詳細な説明とその後活発な質疑応答が行われました。当日のモデレーターを務めた弊センター専務理事の田辺による内容の概要と所感を即立行政法人 経済産業研究所(RIETI)サイトに寄稿しておりますのでご覧ください。

日本はEUのCBAM提案に負けずに脱炭素の世界的努力をリードせよ
 

 

EU-Japan Centre's News

More
弊センター専務理事・田辺靖雄が、GLOBE Japan 地球環境国際議員連盟会合にて講演いたしました。 4月19日、GLOBE Japan(地球環境国際議員連盟)会合で、…
Horizon Europeは、研究とイノベーションのためのEUの主要プログラムです。 Horizon Europeは国際協力も重視しており、日本からも参加が可能です。  …
1/27実施Webinar「ネットゼロに向けたカーボンプライシング/市場メカニズムの活用」についての記事が、3月4日付日経新聞夕刊に掲載されました 1月27日、…

Events

More
25/05/2022
   駐日EU代表部・一財)日欧産業協力センター ジョイントウエビナー グリーンディールにおいて、水素の確保が重要な要素であることは言うまでもありません。水素はあらゆる産業分野での活用が考えられますが、現時点では、水素は主に化石燃料から生成されておりCO2が排出されています。グリーン水素の生成は、化石ベースの水素と比較すると未だコスト面で競争力がないのが実情です。 一方で、…
02/06/2022
  2050 年のカーボンニュートラルの達成に向けて、蓄電池は重要なカギとなる技術であることはいうまでもありません。蓄電池は車載用のみにならず、電力の需給調整やバックアップに関わる定置用、またIT機器など小型民生用としてインフラ要素となっており、市場規模も飛躍的に拡大しつつあります。 需要拡大の一方で、生産面では、資源の確保、サプライチェーンの整備・強化・ルールの整備、…

Library

More
欧州デジタル EU Policy Insights Vol.1  欧州で行われている様々な政策について、EUサイドからの公式発表や、…
欧州グリーンディール EU Policy Insights Vol.13  欧州で行われている様々な政策について、EUサイドからの公式発表や、…
欧州グリーンディール EU Policy Insights Vol.12  欧州で行われている様々な政策について、EUサイドからの公式発表や、…
欧州グリーンディール EU Policy Insights Vol.11  欧州で行われている様々な政策について、EUサイドからの公式発表や、…