Changes to beer and wine taxation planned in 2016

The government coalition is planning to change taxation rates on alcoholic beverages in its tax reform bill for 2016. Currently taxes on wine and Japanese sake are 1.5 higher than lower alcohol beverages. The proposal is designed to make the taxation rates between various kinds of spirit more uniform. It is expected that taxes for low-alcoholic beverages, such as low-malt beer will go up, while regular beer, wine and Japanese sake will see lower rates. 

The taxation system for beer type beverages has over the years led to the development of low or no malt beer-like types such as happoshu and third type beer which are cheaper as the tax rate is linked to the malt content in beer, at the expense of sales in regular beers with high malt content.  Also the high tax rates on Japanese spirits is seen as one of the reasons in the decline of sales of these beverages.

 

Source: Nikkei News Web日本酒とワインの税率見直しへ August 10, 2015

EU-Japan Centre's News

More
日・EUビジネス・ラウンドテーブル(BRT)の共同議長である柵山 正樹氏(三菱電機株式会社シニアアドバイザー)とフィリップ・ヴァール氏(ラポストグループ会長兼CEO)は、…
5月12日に開催された第28回 日EU定期首脳協議で発出された声明で、弊センターが言及されています。 当センターはこの期待に応えられるよう、一層尽力してまいります。   ■共同声明(英語): …
弊センター専務理事・田辺靖雄が、GLOBE Japan 地球環境国際議員連盟会合にて講演いたしました。 4月19日、GLOBE Japan(地球環境国際議員連盟)会合で、…

Events

Library

More
欧州グリーンディール EU Policy Insights Vol.14  欧州で行われている様々な政策について、EUサイドからの公式発表や、…
欧州デジタル政策 EU Policy Insights Vol.1  欧州で行われている様々な政策について、EUサイドからの公式発表や、…
欧州グリーンディール EU Policy Insights Vol.13  欧州で行われている様々な政策について、EUサイドからの公式発表や、…