Technology Transfer webinar 3: Managing a Nanotechnology Patent Portfolio

What are current approaches for creating, managing and extracting value from IP in nanotechnology?

26-04-16 | 09:00 h - 10:30 h

Nanotechnology-based inventions are found in end applications as diverse as biomedicine, information technology, electronics, apparel, energy production, lithography, aerospace engineering and molecular robotic manufacturing.  However, the fact that nanotechnology is a relatively new field presents challenges in managing a nanotechnology-based patent estate and when negotiating, drafting, and complying with nanotechnology licensing agreements.

What you will learn during this webinar?

The following are among the unique issues that must be considered when managing a nanotechnology IP estate:

  • Overlap in nanotechnology patents has created a “patent thicket” 
  • How patents can be used most effectively in conjunction with trade secrets in protecting nanotechnology
  • Nanotechnology-based inventions often present unique technological issues relevant to licensing considerations
  • How cross-licensing can counter the patent thicket in nanotechnology
  • How difficulties in reverse engineering affect policing infringement
  • How difficulties in up-scaling nanotech affect commercialization timetables

Speaker: Sarah Korman is Senior Intellectual Property & Litigation Counsel at Amgen, Inc.
Organiser: EU-Japan Centre for Industrial Cooperation - Brussels Office.
Moderator: Luca Escoffier is a Project Manager of the EU-Japan Technology Transfer Helpdesk. 

Registration: Please register using the online webform

EU-Japan Centre's News

More
弊センター専務理事・田辺靖雄による寄稿文が、独立行政法人 経済産業研究所(RIETI)サイトに掲載されました 10月6日、日欧産業協力センターは「EUが目指す炭素国境調整措置(CBAM)とは」…
弊センター専務理事・田辺靖雄による寄稿文が、U.S.-Japan Councilのニュースレターに掲載されました U.S.-Japan Counsilは8月31日および9月1日、「…
弊センター専務理事・田辺靖雄による外部講演(日米財界人会議、エネルギー・インフラ分科会) 10月1日(水)日本時間午前、日米経済協議会が主催する「日米財界人会議」の分科会である「エネルギー・…

Events

More
27/01/2022
     独)経済産業研究所・一財)日本エネルギー経済研究所・一財)日欧産業協力センター  ジョイント・ウエビナー カーボンプライシングは炭素税、排出量取引制度、クレジット取引等の制度に分かれますが、脱炭素社会実現の一手段としてその活用が期待されています。ただ、企業側にとっては負担となる側面もあり産業界の捉え方は一律ではありません。 一方、国際場裏では、EUでは排出量取引制度(ETS…

Library

More
欧州グリーンディール EU Policy Insights Vol.9  欧州で行われている様々な政策について、EUサイドからの公式発表や、…
欧州グリーンディール EU Policy Insights Vol.8  欧州で行われている様々な政策について、EUサイドからの公式発表や、…
欧州グリーンディール EU Policy Insights Vol.7  欧州で行われている様々な政策について、EUサイドからの公式発表や、…
電動バス事業 | カエタノ・バス X 三井物産株式会社2017年12月、三井物産株式会社(以下三井物産)はポルトガルNO.…