October 01

2018

November 01

2018

衛星データプラットフォームセミナー

一般財団法人宇宙システム開発利用推進機構(J-spacesystems)と欧州リモートセンシング企業協会(EARSC)は、協力協定(2016年11月)を締結し、日欧宇宙ビジネスウィーク(2017年9月)等会員間の相互交流や情報共有を推進しています。

この度、両機関は、10月29日~11月2日京都にて開催されますGEO WEEKに合わせて、日欧の衛星データプラットフォームの最新情報を提供する場として、このセミナーを開催いたします。

セミナーでは、日欧での政策的な位置づけ、本格運用目前の欧州データプラットフォームの中から、「sobloo (ソブロー)」と「ONDA(オンダ)」さらに日本初の衛星データプラットフォーム「Tellus(テルース)」の開発事業者から最新情報を紹介頂きます。また、 J-spacesystems とEARSC会員企業から、プラットフォームの利活用などについて発表します。

日欧の衛星データ利用ビジネス交流の一助となれば幸いです。皆様のご参加を心よりお待ちしています。

日時:2018年11月1日(木) 9:30-12:40(予定)(14:00-16:00 個別面談)

場所:グランドプリンスホテル京都 宴会場 ”比叡(ひえい)“

共催:一般財団法人宇宙システム開発利用推進機構、欧州リモートセンシング企業協会

後援:日欧産業協力センター          言語:英語

定員:40名   参加費用:5,000円 (要事前登録) https://japan-eu-dataplatform.peatix.com

プログラム

第一部

09:30-09:40

開会

■ 一般財団法人宇宙システム開発利用推進機構 専務理事 久能木慶治

■ 欧州リモートセンシング企業協会      事務局長  ジェフ・ソイヤー

09:40-09:55

経済産業省(宇宙産業室)

09:55-10:10

欧州委員会(調整中)

日欧衛星データプラットフォームの紹介

10:10-10:30

①「Tellus」(さくらインターネット株式会社)

10:30-10:50

②「sobloo」(Airbus Defense & Space)

10:50-11:10

③「ONDA」(Serco)

11:10-11:30

休憩

第二部

11:30-12:20

データプラットフォームを利用した事業展開(J-spacesystems・EARSC会員企業)

12:20-12:35

質疑応答

12:35-12:40

閉会

■ 一般財団法人宇宙システム開発利用推進機構 専務理事 久能木慶治

■ 欧州リモートセンシング企業協会      事務局長  ジェフ・ソイヤー

Kyoto, JAPAN

ニュース

More
Vulcanus in Japan 2020-2021受入企業募集中! ヴルカヌス・イン・ジャパンとは...? “ヴルカヌス”は、ラテン語で鍛冶屋の神様を意味します。本プログラムは「...

Library

More
EU-Japan Newsletter, Issue #68 December 2019The Centre is pleased to present to...
October 2019 Japanese Industry and Policy News Topics covered in the October issue:LEGISLATION...
Report: The Japanese Model for a Bioeconomy To get the access to this report, please ...