イノベーション・科学技術協力の促進をめざした事業

 

  • ホライズン2020 ナショナル・コンタクト・ポイント ‐ NCP Japan: ホライズン2020は全欧州規模で実施される、最大規模の研究及び革新的開発を促進するためのフレームワークプログラムです。日欧産業協力センターは日本政府よりホライズン2020の「ナショナル・コンタクト・ポイント」に認定され、日本からの参加支援などを行っています。

        詳細 http://www.ncp-japan.jp/

  • エンタープライズ・ヨーロッパ・ネットワークを通じた技術移転支援: エンタープライズ・ヨーロッパ・ネットワーク(EEN) は、中小企業の国際化や国境を越えたビジネスパートナー探しの支援を目的としたEUの中小企業支援サービスです。 

        詳細 http://www.een-japan.eu/ja/content/network-database

  • 日欧技術移転ヘルプデスク ‐ EU-JaPAN TEchnology Transfer Helpdesk: 日本と欧州の大学、研究機関、企業や研究者に向けて、日欧間の技術移転に役立つ情報を発信しています。

   詳細 http://www.eu-jp-tthelpdesk.eu/

  • SPACE.Japan宇宙関連産業における日欧ビジネスや技術連携をサポートすることを目的とたプロジェクトです。

    詳細 https://www.eu-japan.eu/ja/spacejapan

      

EU-Japan Centre's News

More
弊センター専務理事・田辺靖雄による寄稿文が、U.S.-Japan Counsilのニュースレターに掲載されました U.S.-Japan Counsilは8月31日および9月1日、「…
弊センター専務理事・田辺靖雄による外部講演(日米財界人会議、エネルギー・インフラ分科会) 10月1日(水)日本時間午前、日米経済協議会が主催する「日米財界人会議」の分科会である「エネルギー・…
  去る6月24日、当センターは独立行政法人 経済産業研究所(RIETI)と共催で、ウェビナー「カーボンニュートラルに向けて:日・EU産業界・制度の挑戦」を開催しました。…

Events

More
26/10/2021 - 27/10/2021
プログラム最新版はこちら(CLICK)  ”Think global, act local”。日本やヨーロッパでは、地域のステークホルダー(産業クラスター、自治体、地域、都道府県)が脱炭素化の最前線にいます。そして地域経済エコシステム(※)は、グリーン経済への移行を積極的に推進していくのに適した立場にあり、国内外の他の地域経済エコシステムと連携・協働し、取組み範囲を拡大しています。  …

Library

More
欧州グリーンディール EU Policy Insights Vol.6  欧州で行われている様々な政策について、EUサイドからの公式発表や、…
欧州グリーンディール EU Policy Insights Vol.5  欧州で行われている様々な政策について、EUサイドからの公式発表や、…
水素ボート船舶|CMB×常石グループ   ベルギーの大手総合海運会社CMB(Compagnie Maritime Belge)は、…
欧州グリーンディール EU Policy Insights Vol.4 欧州で行われている様々な政策について、EUサイドからの公式発表や、…