Dentsu sweep continues in Tokyo 2020 tenders: PR giant again lands three Olympics contracts

The Tokyo Organising Committee of the Olympic and Paralympic Games (TOCOG) announced the results of a number of tenders on September 10st. Most of them concerned planning and support services for Tokyo 2020 Organising Committee Test events. Japanese PR giant Dentsu Inc. came out as a winner, with winning 3 of the 6 tenders. 

Contract
Winning bidder
Winning bid
1st Planning and support Services for the Tokyo 2020 Organising Committee Test Event (1) Tokyo International Forum
Tokyu Agency Inc.
JPY 19.3 million
1st Planning and support Services for the Tokyo 2020 Organising Committee Test Event (2) Makuhari Messe
ASATSU-DK INC.
JPY 28.9 million
1st Planning and support Services for the Tokyo 2020 Organising Committee Test Event (3) Olympic Aquatics Centre, Tatsumi International Swimming Centre
Same Two Inc.
JPY 58.5 million
1st Planning and support Services for the Tokyo 2020 Organising Committee Test Event (4) Aomi Urban Sports Venue , Olympic BMX Course
DENTSU INC.
JPY 59,7 million
2nd Planning and Support Services for the Tokyo 2020 Organising Committee Test Events (5) Saitama Super Arena
DENTSU INC.
JPY 5 million
2nd Planning and Support Services for the Tokyo 2020 Organising Committee Test Events (6) Football Arena
DENTSU INC.
JPY 5 million
Basic Design for Transportation Depots and Transit Malls
Ueno Keikaku Co.,Ltd.
JPY 24.8 million
Preliminary Design for Wakasu Transportation Depot
SHO-SEKKEI CORP.
JPY 10.5 million

As usual, the organising committee did not make public how many other companies took part in the competitions. 

Source:TOCOG

EU-Japan Centre's News

More
弊センター専務理事・田辺靖雄による外部講演(日米財界人会議、エネルギー・インフラ分科会) 10月1日(水)日本時間午前、日米経済協議会が主催する「日米財界人会議」の分科会である「エネルギー・…
弊センター専務理事・田辺靖雄による寄稿文が、独立行政法人 経済産業研究所(RIETI)サイトに掲載されました 10月6日、日欧産業協力センターは「EUが目指す炭素国境調整措置(CBAM)とは」…
弊センター専務理事・田辺靖雄による寄稿文が、U.S.-Japan Councilのニュースレターに掲載されました U.S.-Japan Counsilは8月31日および9月1日、「…

Events

More
27/01/2022
     独)経済産業研究所・一財)日本エネルギー経済研究所・一財)日欧産業協力センター  ジョイント・ウエビナー カーボンプライシングは炭素税、排出量取引制度、クレジット取引等の制度に分かれますが、脱炭素社会実現の一手段としてその活用が期待されています。ただ、企業側にとっては負担となる側面もあり産業界の捉え方は一律ではありません。 一方、国際場裏では、EUでは排出量取引制度(ETS…

Library

More
欧州グリーンディール EU Policy Insights Vol.9  欧州で行われている様々な政策について、EUサイドからの公式発表や、…
欧州グリーンディール EU Policy Insights Vol.8  欧州で行われている様々な政策について、EUサイドからの公式発表や、…
欧州グリーンディール EU Policy Insights Vol.7  欧州で行われている様々な政策について、EUサイドからの公式発表や、…
電動バス事業 | カエタノ・バス X 三井物産株式会社2017年12月、三井物産株式会社(以下三井物産)はポルトガルNO.…