田辺専務理事が日経新聞「私見卓見」に寄稿 

日本企業、EUを忘れるな

 日欧産業協力センター

 田辺靖雄

 

 新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)を受け、内向き志向が広がっているようだ。コロナ危機がある程度収まり海外との経済関係が活気を帯びても、日本人の地域別の関心をみれば、中国をはじめとするアジアや米国が先に立つかもしれない。だが、ビジネスパートナーとして、欧州連合(EU)にあらためて目を向けたらどうだろうか。

 米国は、11月の選挙でトランプ大統領が再選されるかどうかはわからないが、保護主義的な傾向を強めている。米国と貿易戦争を続ける中国についても、コロナ危機を経て、日本では経済上の依存関係を脱しようという動きがある。

 財務省の貿易統計によると、日本の貿易に占めるEUの比率は2019年、12%だった。EU加盟国は増えているのに、10年の10・5%と比べ伸び悩んでいる。だが米中に多くを期待できないとすれば、日本と基本的な価値観を共有し、歴史的なつながりの深いEUが浮上するだろう。

 日欧の枠組みでいえば18年、日欧経済連携協定(EPA)と戦略的パートナーシップ協定、(SPA)が結ばれた。19年にはインド太平洋地域でのデジタル・インフラ投資で協力することなども決めた。

 EUの欧州委員会は7月、脱炭素化のための「水素戦略」を公表した。水素は次世代エネルギー源のひとつとして注目を集め、日本も研究を進めており、協力関係を深める可能性がありそうだ。ただ環境問題を巡っては、EUの規制のハードルが日本より高い傾向もみられ、万事スムーズというわけにはいかないだろう。EUも足元で、EUを離脱した英国と、将来関係についての協議が膠着したことを忘れてはならない。

 私の属する財団法人では、欧州委員会のカウンターパートナーとして、EUと日本の企業のマッチングをしている。例えばアフリカは日本企業のこれからの進出先として有望視されているが、EUが旧宗主国の国々が多いだけに、一緒に組む効果は大きいはずだ。米中が対立し世界が安定しているとは言いがたい状況下、頼れるパートナーが存在するとわかっているだけでも、ビジネスの進め方が変わってくるだろう。

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO61990910Y0A720C2SHE000/

ニュース

More
日本企業、EUを忘れるな  日欧産業協力センター  田辺靖雄    新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)を受け、内向き志向が広がっているようだ。...
日欧産業協力センターは、これまで、国際経済連携推進センターの支部として活動してきましたが、2020年7月1日をもって一般財団法人日欧産業協力センターとして独立しました。初代理事長として柵山正樹(...
弊センターでは、EUの起業家とEU企業エグゼクティブを対象に、現場研修に力点を置き、実務と講義とが関連した研修事業を年間1回、約2週間行います。研修期間中には、...

Events

More
Webinar
22/04/2021
     ~日本のデジタル、グリーン、レジリエンスはどうなるのか~ 当センターでは、昨年7月までJETRO・JMCブラッセル事務所長を務められ、現在は経済産業省大臣官房総務課長の要職に就かれている井上 博雄様をお迎えし、標記ウエビナーを下記要領にて開催することになりました。詳細は左側のApplyをご参照のうえ、ZOOM登録リンクからご参加ください。 1.日時:2021年4月22日(木)16:00...
26/04/2021
再生可能エネルギーの大規模展開は、日EUが2050年までに実現を目指している「気候中立」に向けて鍵となる活動です。欧州委員会は、2050年までにヨーロッパの電力需要の30%が洋上風力発電で賄われる可能性があると推定しており、また日本政府は洋上風力発電を新しいグリーン成長戦略の柱に据えるなど、洋上風力発電は、...

Library

More
Japanese Industry and Policy News February-March 2021 JAPANESE INDUSTRY AND POLICY NEWSFebruary-March,...
Report: Export & Import EU-Japan Trade data 2020 Expert : EU-Japan Centre staffPublication date:...
日本における太陽光発電所開発 | Juwi × 自然電力株式会社 福島の原子力事故から2年後の2013年に設立された日本の再生可能エネルギー開発・...
Solar energy development in Japan | Juwi X Shizen Energy In 2013, two years after the nuclear accident of...