December 04

2017

December 05

2017

Lean in Europe visits to Ireland

On Monday 04 and Tuesday 05 December, the EU-Japan Centre organised its 16th Lean in Europe visit. For the first time, the activity consisted of a double-visit and focused on lean in services. The first company to be visited was Phonovation. The second visit was Topflight Travel Group. Both visits took place on 5 December, with a preparatory meeting and dinner on the evening in Dublin on 4 December.


The visit to Phonovation

Phonovation is Ireland's largest interactive SMS and voice services company and aims to become the leading provider of interactive SMS and voice services in each of our chosen markets. This first visit focused on Phonovation's journey with lean - driving business value in using kanban, business prioritisation and capacity based planning; using a monthly lean operations review for the whole business to share performance data, understanding and areas of focus and improvement; and developing incremental continuous improvement and "lean thinking" by using experimentation & micro learning events.


The visit to Topflight Travel Group

Topflight Travel Group is a market leader in quality holidays both to summer destinations, as well as an award-winning ski programme. The visit to Topflight Travel Group took place in the afternoon of 5 December and addressed its lean journey - from its very first 'step' to how it has embedded Lean thinking into its office design including use of Visual Management and 5S. It also looked at how the company uses Hoshin Kanri and X-Matrix to empower its software development team solve business problems and also at finance processes – how applied simple lean tools including 5S, Value Stream Mapping and Standard Work to reduce Accounts Payable workload by over 70% and reduce supplier payment issues to zero (so far). Click here for the provisional agenda for the visit to Topflight Travel Group.

Phonovation and Topflight Travel Group

EU-Japan Centre's News

More
弊センター専務理事・田辺靖雄が、GLOBE Japan 地球環境国際議員連盟会合にて講演いたしました。 4月19日、GLOBE Japan(地球環境国際議員連盟)会合で、…
Horizon Europeは、研究とイノベーションのためのEUの主要プログラムです。 Horizon Europeは国際協力も重視しており、日本からも参加が可能です。  …
1/27実施Webinar「ネットゼロに向けたカーボンプライシング/市場メカニズムの活用」についての記事が、3月4日付日経新聞夕刊に掲載されました 1月27日、…

Events

More
25/05/2022
   駐日EU代表部・一財)日欧産業協力センター ジョイントウエビナー グリーンディールにおいて、水素の確保が重要な要素であることは言うまでもありません。水素はあらゆる産業分野での活用が考えられますが、現時点では、水素は主に化石燃料から生成されておりCO2が排出されています。グリーン水素の生成は、化石ベースの水素と比較すると未だコスト面で競争力がないのが実情です。 一方で、…
02/06/2022
  2050 年のカーボンニュートラルの達成に向けて、蓄電池は重要なカギとなる技術であることはいうまでもありません。蓄電池は車載用のみにならず、電力の需給調整やバックアップに関わる定置用、またIT機器など小型民生用としてインフラ要素となっており、市場規模も飛躍的に拡大しつつあります。 需要拡大の一方で、生産面では、資源の確保、サプライチェーンの整備・強化・ルールの整備、…

Library

More
欧州デジタル EU Policy Insights Vol.1  欧州で行われている様々な政策について、EUサイドからの公式発表や、…
欧州グリーンディール EU Policy Insights Vol.13  欧州で行われている様々な政策について、EUサイドからの公式発表や、…
欧州グリーンディール EU Policy Insights Vol.12  欧州で行われている様々な政策について、EUサイドからの公式発表や、…
欧州グリーンディール EU Policy Insights Vol.11  欧州で行われている様々な政策について、EUサイドからの公式発表や、…