April 26

2016

Technology Transfer webinar 3: Managing a Nanotechnology Patent Portfolio

What are current approaches for creating, managing and extracting value from IP in nanotechnology?

Nanotechnology-based inventions are found in end applications as diverse as biomedicine, information technology, electronics, apparel, energy production, lithography, aerospace engineering and molecular robotic manufacturing.  However, the fact that nanotechnology is a relatively new field presents challenges in managing a nanotechnology-based patent estate and when negotiating, drafting, and complying with nanotechnology licensing agreements.

Topics learned during this webinar :

The following are among the unique issues that must be considered when managing a nanotechnology IP estate:

  • Overlap in nanotechnology patents has created a “patent thicket” 
  • How patents can be used most effectively in conjunction with trade secrets in protecting nanotechnology
  • Nanotechnology-based inventions often present unique technological issues relevant to licensing considerations
  • How cross-licensing can counter the patent thicket in nanotechnology
  • How difficulties in reverse engineering affect policing infringement
  • How difficulties in up-scaling nanotech affect commercialization timetables

Speaker: Sarah Korman is Senior Intellectual Property & Litigation Counsel at Amgen, Inc.
Organiser: EU-Japan Centre for Industrial Cooperation - Brussels Office.
Moderator: Luca Escoffier is a Project Manager of the EU-Japan Technology Transfer Helpdesk. 

 

webinar

EU-Japan Centre's News

More
弊センター専務理事・田辺靖雄が、GLOBE Japan 地球環境国際議員連盟会合にて講演いたしました。 4月19日、GLOBE Japan(地球環境国際議員連盟)会合で、…
Horizon Europeは、研究とイノベーションのためのEUの主要プログラムです。 Horizon Europeは国際協力も重視しており、日本からも参加が可能です。  …
1/27実施Webinar「ネットゼロに向けたカーボンプライシング/市場メカニズムの活用」についての記事が、3月4日付日経新聞夕刊に掲載されました 1月27日、…

Events

More
25/05/2022
   駐日EU代表部・一財)日欧産業協力センター ジョイントウエビナー グリーンディールにおいて、水素の確保が重要な要素であることは言うまでもありません。水素はあらゆる産業分野での活用が考えられますが、現時点では、水素は主に化石燃料から生成されておりCO2が排出されています。グリーン水素の生成は、化石ベースの水素と比較すると未だコスト面で競争力がないのが実情です。 一方で、…
02/06/2022
  2050 年のカーボンニュートラルの達成に向けて、蓄電池は重要なカギとなる技術であることはいうまでもありません。蓄電池は車載用のみにならず、電力の需給調整やバックアップに関わる定置用、またIT機器など小型民生用としてインフラ要素となっており、市場規模も飛躍的に拡大しつつあります。 需要拡大の一方で、生産面では、資源の確保、サプライチェーンの整備・強化・ルールの整備、…

Library

More
欧州デジタル EU Policy Insights Vol.1  欧州で行われている様々な政策について、EUサイドからの公式発表や、…
欧州グリーンディール EU Policy Insights Vol.13  欧州で行われている様々な政策について、EUサイドからの公式発表や、…
欧州グリーンディール EU Policy Insights Vol.12  欧州で行われている様々な政策について、EUサイドからの公式発表や、…
欧州グリーンディール EU Policy Insights Vol.11  欧州で行われている様々な政策について、EUサイドからの公式発表や、…