日本における太陽光発電所開発 | Juwi × 自然電力株式会社

福島の原子力事故から2年後の2013年に設立された日本の再生可能エネルギー開発・供給企業である自然電力株式会社は、1996年に風力および太陽光発電所の建設を開始したドイツのリーダーであるjuwiとの合弁企業を設立しました。日本国内では70の再生可能エネルギー計画があり、そのモデルを日本の地理的条件と現地市場の進化に適応させて、ますます野心的なプロジェクトに取り組んでいます。

パートナー

Juwi:太陽光発電所と風力発電所で25年の経験を持つドイツのリーダー

juwiの起源は、2名の創設者がドイツに最初の風力発電施設を設置した1996年にさかのぼります。今日、juwiは再生可能エネルギープロジェクトの主要な開発者であり、エンジニアリング、調達、建設サービス、および保守と運用も提供しています。風力と太陽光の技術に加えて、juwiはエネルギー貯蔵を含むハイブリッドプロジェクトにも取り組んでいます。

juwiには世界の拠点で合計850名の従業員がおり、ドイツの他、米国、南アフリカ、ギリシャ、イタリア、日本、東南アジア、オーストラリアで事業展開をしています。2020年5月現在、juwiは世界で1000を超える風力発電所と1700の太陽光発電計画に関与しており、総設備容量は5GWを超えています。アジア太平洋地域の主力プロジェクトには、インドの135MWの太陽光発電所、オーストラリアの10MWのオフグリッド太陽光発電所、日本の100MWの太陽光発電所が含まれます。


自然電力株式会社:福島第一原発事故後に設立された、独立系再生可能エネルギーの開発・供給企業

自然電力株式会社は2011年、福島の原子力災害から3か月後に東京で設立されました。日本の郊外で育ち、自然と環境との強いつながりのある創設者3名は、100%再生可能エネルギーを動力源とする日本と地球への移行の加速を支援する電力会社の設立を決めました。
同社は、2022年までに設置された太陽光発電と風力発電の合計出力を200万を超える日本の家庭に必要な容量に相当する5GWにするという目標を設定しました。自然電力株式会社は、2030年までに10GWの設備容量を目指しています。
自然電力株式会社は9か国で事業展開をしており、そのうちの最も重要な国際的取り組みの1つに、2013年にjuwiと設立されたパートナーシップがあります。



パートナーシップ:日本での再生可能エネルギーの導入を加速するための合弁事業

自然電力株式会社は2011年の設立後、日本初のプロジェクト開発に成功し、ヨーロッパからの技術と建設の経験を日本にもたらすことができるパートナーを探し始めました。当時、太陽光発電の最も先進的な市場の1つとして知られていたドイツで、再生可能エネルギー開発ですでに15年の経験を持つジュウィがカウンターパートとして浮上し、自然電力株式会社がドイツのjuwi本社を訪問、企業間の話し合いを経て、緊密な協力関係が急速に確立されることとなりました。

2013年には、日本の太陽光発電所の技術設計と建設を主な目的とする合弁会社が設立されました。自然電力株式会社は初のプロジェクトのパイプラインと地域の経験をもたらし、juwiは技術的および財務的な専門知識と供給側の経験に支えられました。「我々は同じビジョンを追求しています。つまり、100%再生可能エネルギーに向けて、エネルギー生成の動的な変更プロセスを実装することが私たちの共通のモチベーションです」と、juwi自然電力株式会社のマネージングディレクターであるJan Warzecha氏は語りました。

合弁企業は、まず小規模チームとともに、2MW未満の小規模発電所の建設に取り組みました。翌年、juwi自然電力株式会社は容量が増加している67の太陽光発電所を接続しました。Juwiはその専門知識を地域の状況に適応させる必要がありました。「太陽光発電設備として利用できる場所は、丘陵地帯や山岳地帯にあることが多く、他地域のものよりも建設期間が長くなります。」

現在150名の従業員を抱える合弁企業は2020年、2013年以降に建設した総容量を超える300MWに相当するさらに9つのプロジェクトに取り組むことを発表しました。

今後数年以内に、juwi自然電力株式会社は固定価格買取制度に支えられたプロジェクトの構築を継続します。しかし日本市場は、公共入札や、再生可能エネルギーを直接調達する民間企業が発行した直接電力購入契約による新しいプロジェクトにより変化がもたらされています。「日本では独自の再生可能エネルギー目標を設定し、すでに積極的にアプローチしている進歩的な企業が見られます」とJan Warzecha氏はコメントしています。

「世界的に、再生可能エネルギーとゼロカーボン目標はすべての経済の大きな変化を推進しています。当社が変革の推進をいとわない2つの地域、日EUの合弁事業から生まれたことを非常に嬉しく思います。」

詳細

Photo credits: Juwi, Shizen Energy, Unsplash

 

EU-Japan Centre's News

More
  去る6月24日、当センターは独立行政法人 経済産業研究所(RIETI)と共催で、ウェビナー「カーボンニュートラルに向けて:日・EU産業界・制度の挑戦」を開催しました。…
弊センター専務理事・田辺靖雄による寄稿文が、U.S.-Japan Counsilのニュースレターに掲載されました U.S.-Japan Counsilは8月31日および9月1日、「…
日欧産業協力センターでは、欧州製造業における管理職を対象とした研修プログラムWCM (World Class Manufacturing)の2021年11月コース及び2022年3月コースにおける、…

Events

More
17/09/2021
当センターでは、今年7月まで経済産業審議官の要職を務められ、現在内閣府本府参与、 経済産業省顧問の田中 繁広氏をお招きし、標記ウエビナーを下記要領にて開催いたしま す。 田中氏は長年の政府・経産省勤務の中でも数多くの国際交渉、経済連携に関与されるな ど、多くの日本の課題に取り組んでこられました。欧州との関係でも、ブラッセル勤務時 代も含め、日EU・…
26/10/2021 - 27/10/2021
プログラム最新版はこちら(CLICK)  ”Think global, act local”。日本やヨーロッパでは、地域のステークホルダー(産業クラスター、自治体、地域、都道府県)が脱炭素化の最前線にいます。そして地域経済エコシステム(※)は、グリーン経済への移行を積極的に推進していくのに適した立場にあり、国内外の他の地域経済エコシステムと連携・協働し、取組み範囲を拡大しています。  …

Library

More
欧州グリーンディール EU Policy Insights Vol.5  欧州で行われている様々な政策について、EUサイドからの公式発表や、…
水素ボート船舶|CMB×常石グループ   ベルギーの大手総合海運会社CMB(Compagnie Maritime Belge)は、…
欧州グリーンディール EU Policy Insights Vol.4 欧州で行われている様々な政策について、EUサイドからの公式発表や、…
再生可能エネルギー促進機関 | 福島県 X ノルトライン=ヴェストファーレン州(ドイツ)福島県とドイツのノルトライン=ヴェストファーレン州(NRW州)は、2013年以来、…