ヴルカヌス・イン・ジャパン 欧州理工系学生の受入企業募集について

ヴルカヌス・イン・ジャパンとは...?

“ヴルカヌス”は、ローマ神話の火の神・火除けの神・鍛冶の神という意味です。
本プログラムは、将来の日欧関係を担うエンジニアやその他の理工系専攻の学生を対象としたインターンシッププログラムです。
欧州委員会と経済産業省からの支援を得て、日・欧双方のビジネス界においてハイレベルなエンジニアや科学者を育て、双方の協力関係の発展を図る為、1997年に本プログラムが開始しました。

 

 

対象研修生

参加対象:EU加盟国籍を有する市民で、EU諸国の大学の理工系3,4年生、または大学院生
語学:英語によるコミュニケーションが可能なこと、日本語の学習経験があればより好ましい

 

 

研修内容

インターンシップは学業の一環として学生が大学で学んだ専門知識を活かし、企業研修を通してその知識を深め、技術・応用力を身につけるために実施されます。 欧州ではインターンシップが単位、学位取得の条件となっている大学が多く、また、学生が就職する際にも、インターンシップの実績は非常に重視されています。2020年で24回目を迎えたヴルカヌス・イン・ジャパンプログラムには、毎年800名程の理工系EU学生からの応募があり、その中でも能力、ポテンシャル、モチベーションの高い学生が20~40名程、研修生として選考されます。近年では、インターンシップ終了後に受け入れ企業様での就職が決まるケースも珍しくありません。この機会に、ぜひ2021年度インターンシップ実施(研修は2022年1月~8月)をご検討ください。

主な研修分野は、機械、電気、電子工学、ICT、コンピューターサイエンス、化学、バイオテクノロジー、ナノテクノロジー、材料工学、宇宙航空学、建築、ライフサイエンス、医学など。その他理工系学部もご相談に応じます。
学生の専門分野に適した研究開発部門での受け入れをお願いしております。内容については、研修プロジェクト、実験、調査への参加など、専門知識をより深めることのできる研修内容をご用意くださいますよう、お願い申し上げます。

研修期間:2021年9月1日から開始し、翌年8月31日までの1年間

*なお、今後の情勢によっては、研修生の来日時を含むプログラムのスケジュールのさらなる変更や中止の可能性がございます。予めご了承ください。

2021年 9月~12月

 日本語研修(東京23区内の日本語学校で実施予定)および日本に関する講義

2022年 1月~8月

 企業研修(各受け入れ企業にて実施)

 

奨学金

インターンシップ生には欧州委員会から奨学金が支給されます。 
航空運賃、保険料、食費、交通費などはこの奨学金から研修生が負担します。

受け入れ企業の条件

  1. 日本企業及び、在日外資系企業
  2. 1年間の宿舎の提供(オリエンテーション初日から翌年8月までの1年間)
  3. 来日時の役所手続などのサポート、宿舎への案内
  4. 8ヶ月間の企業研修の実施(1月~8月)
  5. プログラム参加費用の負担 80万円*(奨学金一部負担金として。マッチング成立後に請求)

 その他の条件に関しては申込書をご確認ください。

中小企業様*の負担は半額の40万円となります(半額は欧州委員会より負担)

*欧州委員会による中小企業の規定(①~③全てを満たすことが条件): ①従業員250名未満、②年間売上高5000万ユーロ以下、またはバランスシート合計額4300万ユーロ以下、③75%以上の経済的独立(他企業の子会社でない事)

 

申込

  • 申込書(Application form)はこちら
  • 申込締切日:2021年2月1日(月曜日)2022年度の募集は12月に行う予定です。

受け入れ企業にとってのメリット

  1. 欧州戦略への活用
  2. 欧州の優秀な戦力・人材の確保による社内人材の能力向上
  3. 新規事業の創出
  4. 企業の社会貢献活動の推進
  5. 企業におけるダイバーシティの推進
  6. 国際市場における人的ネットワークの構築

2013年ヴルカヌス・イン・ジャパンプログラム修了生の所感が、日欧産業協力センターの母体機関である一般財団法人貿易研修センター(IIST)の "e-Magazine"に掲載されました!こちらのウェブサイトよりご覧いただけます。

Japan

EU-Japan Centre's News

More
  去る6月24日、当センターは独立行政法人 経済産業研究所(RIETI)と共催で、ウェビナー「カーボンニュートラルに向けて:日・EU産業界・制度の挑戦」を開催しました。…
弊センター専務理事・田辺靖雄による寄稿文が、U.S.-Japan Counsilのニュースレターに掲載されました U.S.-Japan Counsilは8月31日および9月1日、「…
日欧産業協力センターでは、欧州製造業における管理職を対象とした研修プログラムWCM (World Class Manufacturing)の2021年11月コース及び2022年3月コースにおける、…

Events

More
17/09/2021
当センターでは、今年7月まで経済産業審議官の要職を務められ、現在内閣府本府参与、 経済産業省顧問の田中 繁広氏をお招きし、標記ウエビナーを下記要領にて開催いたしま す。 田中氏は長年の政府・経産省勤務の中でも数多くの国際交渉、経済連携に関与されるな ど、多くの日本の課題に取り組んでこられました。欧州との関係でも、ブラッセル勤務時 代も含め、日EU・…
26/10/2021 - 27/10/2021
プログラム最新版はこちら(CLICK)  ”Think global, act local”。日本やヨーロッパでは、地域のステークホルダー(産業クラスター、自治体、地域、都道府県)が脱炭素化の最前線にいます。そして地域経済エコシステム(※)は、グリーン経済への移行を積極的に推進していくのに適した立場にあり、国内外の他の地域経済エコシステムと連携・協働し、取組み範囲を拡大しています。  …

Library

More
欧州グリーンディール EU Policy Insights Vol.5  欧州で行われている様々な政策について、EUサイドからの公式発表や、…
水素ボート船舶|CMB×常石グループ   ベルギーの大手総合海運会社CMB(Compagnie Maritime Belge)は、…
欧州グリーンディール EU Policy Insights Vol.4 欧州で行われている様々な政策について、EUサイドからの公式発表や、…
再生可能エネルギー促進機関 | 福島県 X ノルトライン=ヴェストファーレン州(ドイツ)福島県とドイツのノルトライン=ヴェストファーレン州(NRW州)は、2013年以来、…