October 08

2014

第1回 日欧宇宙フォーラム (東京)

2014年10月8日に東京で第1回日欧宇宙フォーラムが開催されました。欧州と日本の産業界、学界、ステークホルダー、欧州GNSS産業界の代表等100名を超える参加者が出席しました。

以下、フォーラムのプログラムです。

プログラム

以下、講師によるプレゼンテーションの資料です。

第一部:宇宙政策と宇宙活動促進におけるパートナーシップの重要性

日欧の研究と産業協力の紹介

丹野英幸氏 「将来宇宙輸送機のための革新的熱防御法の研究開発」

ジャン・シャルル・ヴィゴ氏 「水生探査:ESA,JAXAベピコロンボミッション」

ファブリツィオ・ムラ氏 「GNSS.Asia:GNSS下流市場におけるEUアジア産業提携」

第二部:主題のパネルラウンドテーブル

パネル1 地球観測

石田中氏 「JAXA Activities in Earth Observation」

マルタン・ロビヤール氏 「Panel1-Earth Observation Airbus Defence & Space contribution」

Horizon2020 – 次期資金提供の機会

レオニダス・カラピペリス氏 「HORIZON 2020」

パネル2 衛星航法アプリケーションとサービスにおける日欧産業協力

クリストフ・カウツ氏 「Europe-Japan Space Forum」

ライナー・ホーン氏 「EU-Japan cooperation on satellite navigation applications and services」

中島務氏 「衛星航法アプリケーションとサービスにおける日欧産業協力」

パネル3 日欧宇宙輸送と衛星産業協力の未来

ジャン・ルイ・クロードン氏 「Cooperation in launch services」

マルタン・ジャン・バティスト氏 「Satellite Industrial Cooperation Panel」

小山 浩氏 「Future of Europe-Japan Industrial Cooperation」

Policy seminars
In Japan

EU-Japan Centre's News

More
  去る6月24日、当センターは独立行政法人 経済産業研究所(RIETI)と共催で、ウェビナー「カーボンニュートラルに向けて:日・EU産業界・制度の挑戦」を開催しました。…
弊センター専務理事・田辺靖雄による寄稿文が、U.S.-Japan Counsilのニュースレターに掲載されました U.S.-Japan Counsilは8月31日および9月1日、「…
日欧産業協力センターでは、欧州製造業における管理職を対象とした研修プログラムWCM (World Class Manufacturing)の2021年11月コース及び2022年3月コースにおける、…

Events

More
06/10/2021
EUが目指す炭素国境調整措置(CBAM)とは ~7月14日の法案発表を受けて~ 欧州委員会は 7 月 14 日 、気候変動対策の法案パッケージ「 Fit for 55 」(FF55 )を発表しました。その包括案の中でも中核的な役割を果たすことが期待されているのが「 CBAM 」(国境炭素調整措置)です。 同措置は、カーボン・リーケージ対策として、…
26/10/2021 - 27/10/2021
プログラム最新版はこちら(CLICK)  ”Think global, act local”。日本やヨーロッパでは、地域のステークホルダー(産業クラスター、自治体、地域、都道府県)が脱炭素化の最前線にいます。そして地域経済エコシステム(※)は、グリーン経済への移行を積極的に推進していくのに適した立場にあり、国内外の他の地域経済エコシステムと連携・協働し、取組み範囲を拡大しています。  …

Library

More
欧州グリーンディール EU Policy Insights Vol.5  欧州で行われている様々な政策について、EUサイドからの公式発表や、…
水素ボート船舶|CMB×常石グループ   ベルギーの大手総合海運会社CMB(Compagnie Maritime Belge)は、…
欧州グリーンディール EU Policy Insights Vol.4 欧州で行われている様々な政策について、EUサイドからの公式発表や、…
再生可能エネルギー促進機関 | 福島県 X ノルトライン=ヴェストファーレン州(ドイツ)福島県とドイツのノルトライン=ヴェストファーレン州(NRW州)は、2013年以来、…