March 25

2022

次世代燃料 – 水素eFuelが促す脱炭素

eFuel alliance・一財)日欧産業協力センター ジョイントウエビナー
(協力:駐日EU代表部)


次世代燃料 – 水素eFuelが促す脱炭素
日欧グリーン・トランジションマッチング連携事業

 

日本とEUは昨年、「グリーンアライアンス」を発表し、今後2050年までにカーボンニュートラルを達成するため相互に協力することを確認していますが、その中で、特に産業界にとって最も重要な役割をはたすのが水素であることは間違いありません。しかし現時点では、世界の水素生産の大部分が化石燃料ベースとなっており、これを脱炭素化することが模索されています。

水素は、既存の自動車、航空機、船舶等の内燃機関の技術を活用しつつ直接燃料やeFuelとして、さらにはまた再生可能電力に限界がある場合、電力エネルギーとして活用することも可能です。ただ、こうしたビジョンを実現するためには、既存のバリューチェーンを活用しつつ、エネルギー市場での競争力を高めていく必要があります。

本ウエビナーでは、日EU両国・地域以外にもチリ等からスピーカーをお招きし、関連政策やグリーン水素および同関連品の生産に関する最新の情報をお話しいただくと同時に、日EU間の産業および技術協力の可能性について示唆をいただきます。ご参加は画面左側のAPPLYからもしくは同右側のBOXからお申込みください。

*eFuel  CO₂:(二酸化炭素)とH₂(水素)を合成して製造される燃料。特に、原料となるH₂の製造過程においてもCO₂が排出されることがないよう、再生可能エネルギー由来電力により調達されたH₂を用いたものをeFuelという。
eFuel Alliance: カーボンニュートラル燃料(climate-neutral synthetic fuels)を確立・普及させ、世界中で使用されることを目標に掲げる団体。ドイツに事務局があり、在欧企業を中心に石油、自動車および自動車部品、機械・プラントエンジニアリング、航空・海運、化学、エネルギー業界等が加盟。
 

1.    日時:2022年3月25日(金) 17:00~19:00(JST) 9:00~11:00(CET)
2.    使用言語:英語および日本語(同時通訳付)
3.    プログラム:ここをクリック
 

EU-Japan Centre's News

More
日・EUビジネス・ラウンドテーブル(BRT)の共同議長である柵山 正樹氏(三菱電機株式会社シニアアドバイザー)とフィリップ・ヴァール氏(ラポストグループ会長兼CEO)は、…
5月12日に開催された第28回 日EU定期首脳協議で発出された声明で、弊センターが言及されています。 当センターはこの期待に応えられるよう、一層尽力してまいります。   ■共同声明(英語): …
弊センター専務理事・田辺靖雄が、GLOBE Japan 地球環境国際議員連盟会合にて講演いたしました。 4月19日、GLOBE Japan(地球環境国際議員連盟)会合で、…

Events

More
Tokyo
23/05/2022 - 25/06/2022
ヴルカヌス・イン・ヨーロッパプログラム 日本人理工系学生対象     2023年度派遣募集にあたり、オンライン説明会を開催します。 プログラムの説明の他、実際プログラムに参加したOBOG生からの体験談を聞けるとても貴重な機会です。 本プログラムに興味のある理工系学生の方々、…

Library

More
欧州グリーンディール EU Policy Insights Vol.14  欧州で行われている様々な政策について、EUサイドからの公式発表や、…
欧州デジタル政策 EU Policy Insights Vol.1  欧州で行われている様々な政策について、EUサイドからの公式発表や、…
欧州グリーンディール EU Policy Insights Vol.13  欧州で行われている様々な政策について、EUサイドからの公式発表や、…