March 04

2021

日EU・EPA活用実務ウエビナー

一財)日欧産業協力センター 日EU・EPA活用ウエビナーのご案内
~ いまさら聞けない日EU・EPA Q&A ~

日EU・EPAが2019年2月に発効して2年が経過し、今年2月1日には、農産品、酒類の産地を表す地理的表示(GI)の拡大や自動車の輸出手続きの一部規制の簡素化で両国・地域が合意するなど、EPAはより一層活用し易いかたちに進化しています。

一方で過去2年間、対EU輸出の際にEPAスキームを活用しようとしながらも、原産地証明(自己認証)がそのままEU側税関で認められないケースがあるなど、実務上の課題に直面する企業もでてきています。そこで今回は、日本からEUへの輸出に焦点を絞り、日本側でEPA相談デスクを開設している東京共同会計事務所(TKAO)とEU側で輸入相談窓口となっている税関総局(GD TAXUD)に、いかにEPAスキームを上手に活用していただくかを過去2年間の事例などからQ&A形式でお話しいただきます。

日時:2021年3月4日(木)17:00~18:45 日本時間(9:00-10:45 欧州時間)
(参加登録は右側のZOOM登録リンクからお願いします)

Webinar

ニュース

More
日欧産業協力センターでは日本語公式Facebookを開設しています。 現在皆様に親しんでいただいております英語の各SNSに加え、今後は日本語でもビジネスマッチング等のイベント情報、企業研修情報、...
第27回日EU定期首脳協議が開催されました。 5月27日(木曜日)午後5時頃から約1時間弱、菅義偉内閣総理大臣は、シャルル・ミシェル欧州理事会議長(H.E.Mr. Charles Michel,...
日本企業、EUを忘れるな  日欧産業協力センター  田辺靖雄    新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)を受け、内向き志向が広がっているようだ。...

Events

More
24/06/2021
独)経済産業研究所・一財)日欧産業協力センター ジョイント・ウエビナー カーボン・ニュートラルに向けて~日・EU産業界・制度の挑戦~ ご承知のとおり、日本とEUは2050年カーボン・ニュートラルという野心的な目標を共有しています。この目標達成のためには、産業界として、イノベーション、ビジネスモデル変革が、政策当局としては、産業界の変革を促し、サポートするための政策・...
30/06/2021
プログラム最新版はこちら (CLICK) 日本とEUは、2050年までにカーボンニュートラルを達成するという共通目標を掲げています。そして互いに政策を実施し、投資を支援していくことで、持続可能なグリーン成長の基盤を築いています。近代的で競争力のある経済には、クリーンテクノロジーにおけるイノベーションとその商業化の成功が必要といえるでしょう。 2018年に締結された日EU経済連携協定は、...

Library

More
Report: Frozen Food Market in Japan (incl. Ice Cream) Expert: Maths LundinPublication date: June 2021To...
EU-Japan Newsletter, Issue #74 June 2021The Centre's newsletter is now available...
Report: Japan's Premium Food market Expert: Michael CaustonPublication date: June...
Report: Japan's Clothing and Textile Market Expert: Michael CaustonPublication date: June...