ヴルカヌス・イン・ヨーロッパプログラム
日本人学生対象

2021年度派遣 プログラム概要

1. ヴルカヌス・イン・ヨーロッパプログラムとは?
「ヴルカヌス(Vulcanus)」はラテン語で鍛冶屋の神様を意味しています。
「鉄は熱いうちに打て」の格言通り、将来の日欧関係を担う若者育成のため日本の理工系学生を対象にした
奨学金付きのプログラムです。 ヴルカヌス・イン・ヨーロッパプログラムは1996年に開始し、昨年度までに
435名の学生を欧州へ派遣しています。
2. 派遣期間
 2021年4月下旬~2022年3月下旬(1年間)
3. 研修内容 
  • 欧州セミナー(欧州の政治経済に関する講義など)約2日間・・・・・・・・2021年4月下旬
  • EU加盟国での語学研修(企業研修で使用する言語)4ヶ月間*・・・・・・・2021年4月下旬~8月中旬
  • EU加盟国にある企業でのインターンシップ 7ヶ月間*・・・・・・・・・・ 2021年8月下旬~2022年3月下旬

    *本プログラムは、基本的に語学研修4ヶ月間+企業研修8カ月間で構成されていますが、
     2021年度派遣プログラムは新型コロナウィルスの諸方面への影響により、企業研修は7ヶ月間での実施です。
    *一部、派遣国の法律により、語学研修・企業研修それぞれの研修期間が異なります。
     (例:2021年度のフランス派遣者は、語学研修5ヶ月間+企業研修6ヶ月間となります)

4. 派遣先
EU加盟国 (2021年4月時点)
5. 奨学金 
  • 欧州セミナー受講料、語学研修中の授業料・ホームステイ代(又は寮費)は当センターが負担
  • 航空運賃などの費用として日本出発前に70万円の奨学金を支給
  • 企業研修中は現地において原則として5,775ユーロの奨学金を支給

- 本プログラム参加期間中は、原則として他の給付型奨学金との併用はできません。
  判明した場合には派遣取り消しとなる可能性がありますので、ご不明な点がありましたら、ご応募前にお問合せください。
- 給付型奨学金ですが、研修中止となった場合は経費を除いて返還していただきます。

【重要】応募にあたって  注意事項になりますので、ご確認の上ご応募ください。
            2021年度プログラム実施にあたって  更新情報です。ご確認の上ご応募ください。                                                                            

ニュース

More
日本企業、EUを忘れるな  日欧産業協力センター  田辺靖雄    新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)を受け、内向き志向が広がっているようだ。...
日欧産業協力センターは、これまで、国際経済連携推進センターの支部として活動してきましたが、2020年7月1日をもって一般財団法人日欧産業協力センターとして独立しました。初代理事長として柵山正樹(...
弊センターでは、EUの起業家とEU企業エグゼクティブを対象に、現場研修に力点を置き、実務と講義とが関連した研修事業を年間1回、約2週間行います。研修期間中には、...

Library

More
Japanese Industry and Policy News February-March 2021 JAPANESE INDUSTRY AND POLICY NEWSFebruary-March,...
Report: Export & Import EU-Japan Trade data 2020 Expert : EU-Japan Centre staffPublication date:...
日本における太陽光発電所開発 | Juwi × 自然電力株式会社 福島の原子力事故から2年後の2013年に設立された日本の再生可能エネルギー開発・...