ヴルカヌス・イン・ヨーロッパプログラム
日本人学生対象


2022年度派遣 プログラム概要
1. ヴルカヌス・イン・ヨーロッパプログラムとは?
「ヴルカヌス(Vulcanus)」はラテン語で「鍛冶屋の神」を意味しています。
「鉄は熱いうちに打て」の格言通り、将来の日欧関係を担う若者育成のため、日本の理工系学生を対象にした
 プログラムです。 ヴルカヌス・イン・ヨーロッパプログラムは1996年に開始し、2019年度までに
 435名の学生を欧州へ派遣しています。
2. 派遣期間
 2022年4月~2022年3月下旬(1年間)
3. 研修内容 
  • 欧州セミナー(欧州の政治経済に関する講義など)約2日間・・・・・・・・2022年4月初旬
  • EU加盟国での語学研修(企業研修で使用する言語)4カ月間*・・・・・・・2022年4月上旬~7月末
  • EU加盟国にある企業でのインターンシップ 7カ月間*・・・・・・・・・・ 2021年8月中旬~2022年3月中旬

    *一部、派遣国の法律により、語学研修・企業研修それぞれの研修期間が異なります。
     (例:フランス、ドイツ派遣者は、語学研修5カ月間+企業研修6カ月間となります)

4. 派遣先
 EU加盟国 (2021年5月現在)
 アイルランド、イタリア、エストニア、オーストリア、オランダ、キプロス、ギリシャ、クロアチア、
 スウェーデン、スペイン、スロバキア、スロベニア、チェコ、デンマーク、ドイツ、ハンガリー、
 フィンランド、フランス、ブルガリア、ベルギー、ポーランド、ポルトガル、マルタ、ラトビア、
 リトアニア、ルーマニア、ルクセンブルグ
5. 奨学金 
  • 航空運賃などの費用として日本出発前に70万円の奨学金を支給
  • 企業研修中は現地において原則として5,775ユーロの奨学金を支給
  • 欧州セミナー受講料、語学研修中の授業料・ホームステイ代(又は寮費)は当センターが負担  

- 本プログラム参加期間中は、原則として他の給付型奨学金との併用はできません。
  判明した場合には派遣取り消しとなる可能性がありますので、ご不明な点がありましたら、ご応募前にお問合せください。
- 給付型奨学金ですが、本プログラムは国の補助金にて運営しているため、何らかの理由で研修中止となった場合は、経費を除き返還していただきます。

【重要】 応募にあたって * 2022年度プログラム実施にあたって  注意事項になりますので、ご確認の上ご応募ください。
                                                                                       

ニュース

More
日欧産業協力センターでは日本語公式Facebookを開設しています。 現在皆様に親しんでいただいております英語の各SNSに加え、今後は日本語でもビジネスマッチング等のイベント情報、企業研修情報、...
弊センター専務理事・田辺靖雄によるコラム(和文・英文)掲載(経済産業研究所、RIETI) 6月24日、独立行政法人 経済産業研究所(RIETI)と一般財団法人...
弊センター専務理事・田辺靖雄によるコラムが、日本エネルギー経済研究所WEBサイトに掲載されました 7月9日、一般財団法人 日本エネルギー経済研究所(IEEJ)と一般財団法人...

Events

More
Tokyo
27/06/2021
ヴルカヌス・イン・ヨーロッパプログラム 日本人学生対象 2022年度派遣募集にあたって、オンライン説明会を開催致します。プログラムの説明のみならず、実際プログラムに参加したOBOG生から、どのような1年間を過ごし、参加して実際どうだったか体験談を聞けるとても貴重な機会です。本プログラムに興味のある、理工系学生の方々、また理工系学部関係者の方々のご参加を、心よりお待ちしております。 日時...

Library

More
Japanese Industry and policy News June - July 2021 JAPANESE INDUSTRY AND POLICY NEWSJune - July,...
再生可能エネルギー促進機関 | 福島県 X ノルトライン=ヴェストファーレン州(ドイツ) 福島県とドイツのノルトライン=ヴェストファーレン州(NRW州)は、2013年以来、...
Energy Transition Agencies | Fukushima X North Rhine-Westphalia THe Prefecture OF FUkushima and The Region of...
Report: Semiconductor market in Japan Expert: Łukasz FyderekPublication date: June...