ヴルカヌス・イン・ヨーロッパプログラム
日本人学生対象


1. ヴルカヌス・イン・ヨーロッパプログラムとは?
「ヴルカヌス(Vulcanus)」はラテン語で鍛冶屋の神様を意味しています。
「鉄は熱いうちに打て」の格言通り、将来の日欧関係を担う若者育成のため日本の理工系学生を対象にした
奨学金付きのプログラムです。 ヴルカヌス・イン・ヨーロッパプログラムは1996年に開始し、これまでに
435名(2019年4月現在)の学生を欧州へ派遣しています。
2. 派遣期間(2020年度)
 2020年4月上旬~2021年3月下旬(1年間)
3. 研修内容  (2020年度)
  • 欧州セミナー(欧州の政治経済に関する講義など)約2日間・・・・・・・・2020年4月
  • EU加盟国での語学研修(企業研修で使用する言語)15 週間*・・・・・・・2020年4月~7月
  • EU加盟国にある企業でのインターンシップ 8ヶ月間*・・・・・・・・・・ 2020年8月~2021年3月

    *一部国の法律により、それぞれの研修期間が異なる場合があります。

4. 派遣先
EU加盟国 (2020年4月時点)
5. 奨学金 (2020年度)
  • 欧州セミナー受講料、語学研修中の授業料・ホームステイ代(又は寮費)は当センターが負担
  • 航空運賃などの費用として日本出発前に70万円の奨学金を支給
  • 企業研修中は現地において原則として6600ユーロの奨学金を支給

- 本プログラム参加期間中は、原則として他の給付型奨学金との併用はできません。
  判明した場合には派遣取り消しとなる可能性がありますので、ご不明な点がありましたら、ご応募前にお問合せください。

【重要】応募にあたって  注意事項になりますので、ご確認の上ご応募ください
                                                                                

*2020年度派遣の募集要項は5月下旬ごろ、応募申込書は6月中旬ごろに掲載する予定です。

ニュース

More
The EU-Japan Centre for Industrial Cooperation is recruiting a Coordinator for Training Programmes...

Events

More
Japan
01/10/2017
日欧産業協力センターにおける政策分析を担う特別研究員(ミネルヴァ・フェロー)を募集しています。研究員は日欧産業協力センターが指定する優先課題(主に経済・産業関係のテーマ)について調査・分析等を行い政策レポートを作成します。そのほかにも、メディアのモニタリング、政策ブリーフィング、セミナーレポートなどセンターの政策分析活動の補佐をします。
30/03/2018
ヴルカヌス・イン・ヨーロッパは、日欧産業関係の架け橋となる若手人材の育成を目的とした「企業インターンシップ」事業です。毎年20名程度の日本の理工系大学生を欧州へ派遣しています。学生の募集要項はこのホームページで随時お知らせします。

Library

More
May 2019 Japanese Industry and Policy News Topics covered in the May issue:LEGISLATION AND...
The Country-of-Origin Effect in Japan (MINERVA Fellowship) By Paul Van der Plas in the framework of the...
日EU・ニュースレター 2019年3月号 ISSUE #65 2019年3月号 https://www.eu-japan.eu/...