ヴルカヌス・イン・ヨーロッパプログラム
日本人学生対象



 

2022年度派遣 プログラム概要
   
1. ヴルカヌス・イン・ヨーロッパプログラムとは?
「ヴルカヌス(Vulcanus)」はラテン語で「鍛冶屋の神」を意味しています。
「鉄は熱いうちに打て」の格言通り、将来の日欧関係を担う若者育成のため、日本の理工系学生を対象にした
 プログラムです。 ヴルカヌス・イン・ヨーロッパプログラムは1996年に開始し、2019年度までに
 435名の学生を欧州へ派遣しています。
2. 派遣期間
 2022年4月~2022年3月下旬(1年間)
3. 研修内容 
  • 欧州セミナー(欧州の政治経済に関する講義など)約2日間・・・・・・・・2022年4月初旬
  • EU加盟国での語学研修(企業研修で使用する言語)4カ月間*・・・・・・・2022年4月上旬~7月末
  • EU加盟国にある企業でのインターンシップ 7カ月間*・・・・・・・・・・ 2021年8月中旬~2022年3月中旬

    *一部、派遣国の法律により、語学研修・企業研修それぞれの研修期間が異なります。
     (例:フランス、ドイツ派遣者は、語学研修5カ月間+企業研修6カ月間となります)
4. 派遣先
 EU加盟国 (2021年5月現在)
 アイルランド、イタリア、エストニア、オーストリア、オランダ、キプロス、ギリシャ、クロアチア、
 スウェーデン、スペイン、スロバキア、スロベニア、チェコ、デンマーク、ドイツ、ハンガリー、
 フィンランド、フランス、ブルガリア、ベルギー、ポーランド、ポルトガル、マルタ、ラトビア、
 リトアニア、ルーマニア、ルクセンブルグ
5. 奨学金 
 
  • 航空運賃などの費用として日本出発前に70万円の奨学金を支給
  • 企業研修中は現地において原則として5,775ユーロの奨学金を支給
  • 欧州セミナー受講料、語学研修中の授業料・ホームステイ代(又は寮費)は当センターが負担  


- 本プログラム参加期間中は、原則として他の給付型奨学金との併用はできません。
  判明した場合には派遣取り消しとなる可能性がありますので、ご不明な点がありましたら、ご応募前にお問合せください。
- 給付型奨学金ですが、本プログラムは国の補助金にて運営しているため、何らかの理由で研修中止となった場合は、経費を除き返還していただきます。

   
   
  【重要】 応募にあたって * 2022年度プログラム実施にあたって  注意事項になりますので、ご確認の上ご応募ください。
                                                                                       

EU-Japan Centre's News

More
弊センター専務理事・田辺靖雄による寄稿文が、U.S.-Japan Counsilのニュースレターに掲載されました U.S.-Japan Counsilは8月31日および9月1日、「…
弊センター専務理事・田辺靖雄による外部講演(日米財界人会議、エネルギー・インフラ分科会) 10月1日(水)日本時間午前、日米経済協議会が主催する「日米財界人会議」の分科会である「エネルギー・…
  去る6月24日、当センターは独立行政法人 経済産業研究所(RIETI)と共催で、ウェビナー「カーボンニュートラルに向けて:日・EU産業界・制度の挑戦」を開催しました。…

Events

More
26/10/2021 - 27/10/2021
プログラム最新版はこちら(CLICK)  ”Think global, act local”。日本やヨーロッパでは、地域のステークホルダー(産業クラスター、自治体、地域、都道府県)が脱炭素化の最前線にいます。そして地域経済エコシステム(※)は、グリーン経済への移行を積極的に推進していくのに適した立場にあり、国内外の他の地域経済エコシステムと連携・協働し、取組み範囲を拡大しています。  …

Library

More
欧州グリーンディール EU Policy Insights Vol.6  欧州で行われている様々な政策について、EUサイドからの公式発表や、…
欧州グリーンディール EU Policy Insights Vol.5  欧州で行われている様々な政策について、EUサイドからの公式発表や、…
水素ボート船舶|CMB×常石グループ   ベルギーの大手総合海運会社CMB(Compagnie Maritime Belge)は、…
欧州グリーンディール EU Policy Insights Vol.4 欧州で行われている様々な政策について、EUサイドからの公式発表や、…